羽休みに娯楽を

ラノベや漫画やアニメやら

響け!ユーフォニアム 北宇治高校の吹奏楽部日誌

響け! ユーフォニアム 北宇治高校の吹奏楽部日誌 (宝島社文庫)


定期演奏会と合同演奏会の短編二本とガイドブックが収録されている、一冊。

定期演奏会の話では、久美子が葉月の隠した気持ちを拾ってあげるのは優しいな。なんでもそうだけど、初心者の好きを否定したくない。

・合同演奏会だと、昔からの知り合いの梓が久美子が思っていたより成長していて、驚き。それ以上に麗奈に匹敵するくらい上手くなってて、歯痒い気持ちになる久美子。麗奈の隣は特別で、並ぼうともしなかったが、隣に立つと覚悟を決めた久美子が良いですね。

・ガイドブックは吹奏楽の知識が足りない自分にとっては助かりました。


全体的に満足することが出来ました。

あと、あすか先輩と香織先輩の関係性は30代くらいだと思いました笑

キノの旅 ⅩⅩⅠ the beautiful world

今回は中々パンチが効いた話があって面白かった。全体的にほのぼのとした話だったが、師匠の過去は血生臭いのはご愛嬌。


特に良かった話は3つです。


「有名になれる国」

・最近のYouTuberを皮肉ってて笑えた。有名になるってことはそんな甘いことじゃないってことをコミカルに表していて好きです。


「読書が許されるない国」

・禁止にすれば読書に興味が湧いて、こっそり読んでくれるって良いね。実際にやったらどうなるか気になります。発想の転換ですね。


「満員電車が走っている国」

・ヤメテクレ、満員電車は辛いんだ… 満員電車は毎日起きてるけど、犯罪者を懲らしめるために使うってたしかに有効だ笑 ただ、現実を考えると辛い。

これは読んでほしい 2019年 上半期 新作21選

2019年も半年が過ぎたので、振り返っていこうと思います。

 

・注意事項

今年1月から7月までの間に出版された新作に限ります。

 

さて、1月から

 

2019年 

・1月

人がバンバン死んでいく…

 

生と死が絡み合う濃厚な物語で、好きな人には堪らない作品です。良い復讐作。

http://wing31.hatenadiary.jp/entry/2019/01/06/1/2ーデュアルー_死にすら値しない紅


青春の一部を切りとる…

 

早朝始発の殺風景

早朝始発の殺風景

 

 

青春って、色々な場所で起きるんだなと。密室は青春の宝庫だ。

http://wing31.hatenadiary.jp/entry/2019/01/09/早朝始発の殺風景

 

トリッキーな設定ながら熱い物語…

悪魔の弾丸を使って撃ち殺したら、世界が再編されるという設定が強すぎる。キャラも立ってます。

http://wing31.hatenadiary.jp/entry/2019/01/22/撃ち抜かれた戦場は、そこで消えていろ_ー弾丸魔

 

ふとしたきっかけでラブコメに…

日々に退屈していた主人公があることをきっかけに学園の美少女達とミッションをおこなう。主人公のブレなさと可愛いヒロイン達がGOOD

http://wing31.hatenadiary.jp/entry/2019/01/28/女神さま降臨!=非日常だと思った?1_〜神のお告

 

高校生男女の青春模様…

 

やがてはるか空をつなぐ (ファミ通文庫)

やがてはるか空をつなぐ (ファミ通文庫)

 

 

複雑な気持ちを抱えていた高校生達の想いが空にロケットを打ち上げる過程で交差する。まさに青春でした。

http://wing31.hatenadiary.jp/entry/2019/02/07/やがてはるか空をつなぐ

 

・2月

 

子育て男子が青春!?…

 

子守り男子の日向くんは帰宅が早い。 (角川スニーカー文庫)

子守り男子の日向くんは帰宅が早い。 (角川スニーカー文庫)

 

 

子守り男子が青春するって新しすぎる。ホームドラマあり、青春あり、新たなラブコメ作。

http://wing31.hatenadiary.jp/entry/2019/02/03/子守り男子の日向くんは帰宅が早い%E3%80%82

 

ヘタレ社会人のラブ…

 

ヘタレな僕はノーと言えない (幻冬舎文庫)

ヘタレな僕はノーと言えない (幻冬舎文庫)

 

 

仕事の付き合いから私的な付き合いに変わり、恋に落ちる。ペタペタな恋に胸焼け間違いなし。

http://wing31.hatenadiary.jp/entry/2019/02/15/ヘタレな僕はノーと言えない

 

最強ショタと年上メイドさんの絡み…

 

神童勇者とメイドおねえさん (MF文庫J)

神童勇者とメイドおねえさん (MF文庫J)

 

 

ただ、イチャイチャするだけじゃなく、その背景を書いてあるので、作品の完成度高いです。おねショタ。

http://wing31.hatenadiary.jp/entry/2019/02/28/神童勇者とメイドおねえさん

 

・3月

 

現代の魔法使いはさとり…

 

さとり世代の魔法使い (双葉文庫)

さとり世代の魔法使い (双葉文庫)

 

 

現代の若者の象徴みたいな主人公が、様々な試練を乗り越えていくうちに成長していく。良い魔法使いになっていく成長物語。

http://wing31.hatenadiary.jp/entry/2019/03/18/さとり世代の魔法使い

 

ただの日常。それが良い…

 

麦本三歩の好きなもの

麦本三歩の好きなもの

 

 

社会人の三歩の日常が悩み、楽しみに満ちていて良き。休みに読むのに適しています。

http://wing31.hatenadiary.jp/entry/2019/03/21/麦本三歩の好きなもの

 

15歳の叫び…

 

15歳のテロリスト (メディアワークス文庫)

15歳のテロリスト (メディアワークス文庫)

 

 

15歳が新宿を爆破しようとするまでの過程が苦しくて切ない。ただ、彼の叫びを読んで確かめてほしい。

http://wing31.hatenadiary.jp/entry/2019/03/29/15歳のテロリスト

・四月

 

友達の妹が…

 

友達の妹が俺にだけウザい (GA文庫)

友達の妹が俺にだけウザい (GA文庫)

 

 

友達の妹がヒロイン?新たなラブコメの気配が。これからが期待大のシリーズです。

http://wing31.hatenadiary.jp/entry/2019/04/17/210000

 

・5月

 

読書感想部だと…

 

スガリさんの感想文はいつだって斜め上 (5分シリーズ+)

スガリさんの感想文はいつだって斜め上 (5分シリーズ+)

 

 

独特の感性を持つスガリさんが書く読書感想文に謎の答えが眠っている。良いミステリー。

http://wing31.hatenadiary.jp/entry/2019/05/08/210000

エログロ満載の…

 

罪人楽園 (MF文庫J)

罪人楽園 (MF文庫J)

 

 

グロさが全開で趣味に走ってるところがあるが、面白いのは確か。

http://wing31.hatenadiary.jp/entry/2019/05/14/210000

 

青春の闇鍋…

 

学園者! ?風紀委員と青春泥棒? (ガガガ文庫)
 

 

青春の良さや辛さが詰まっていて、素晴らしい。青春を謳歌する主人公達の眩しさにやられます。

http://wing31.hatenadiary.jp/entry/2019/05/18/223000

 

美少女を奴隷に…

 

クラスメイトが使い魔になりまして (ガガガ文庫)

クラスメイトが使い魔になりまして (ガガガ文庫)

 

 

シリアスとコメディが混ざり合っていていた。コメディが良い具合な作品。

http://wing31.hatenadiary.jp/entry/2019/05/19/221500

物に込めた想い…

 

 

物に込めた想いが繋ぐ短編集。一つ一つの話に重みがあって、惹かれてます。

http://wing31.hatenadiary.jp/entry/2019/05/30/213000

・6月

 

 

王道ファンタジー現る…

 

葡萄大陸物語 野良猫姫と言葉渡しの王 (角川スニーカー文庫)

葡萄大陸物語 野良猫姫と言葉渡しの王 (角川スニーカー文庫)

 

 

言葉を鍵に王となり、国を盛り上げていく戦記。これからが期待大のシリーズです。

http://wing31.hatenadiary.jp/entry/2019/06/04/220000

高校生の同居ドラマ…

ふとしたことで同居して、近づきあう2人が良い。もどかしい距離感が酸っぱいです。

http://wing31.hatenadiary.jp/entry/2019/06/09/211500

 

ただ甘い砂糖いっぱいの…

 

お隣の天使様にいつの間にか駄目人間にされていた件 (GA文庫)

お隣の天使様にいつの間にか駄目人間にされていた件 (GA文庫)

 

 

高校生男女が隣に住みあって、距離が近づきあわないわけがない。甘々な日々にやられます。

http://wing31.hatenadiary.jp/entry/2019/06/16/213000

 

圧倒的なリア充

 

千歳くんはラムネ瓶のなか (ガガガ文庫)

千歳くんはラムネ瓶のなか (ガガガ文庫)

 

 

ガガガの青春は素晴らしい。リア充サイドの物語に物珍しさを感じながら、王道な青春でした。

http://wing31.hatenadiary.jp/entry/2019/06/21/220000

 

以上がおすすめの作品です。

気になる作品があれば、是非読んで下さい!


リンクされた記事で入れなかったら、申し訳ないですが検索して頂ければ幸いです汗 一応直そうとはしてます。

物理的に孤立している俺の高校生活5

物理的に孤立している俺の高校生活 (5) (ガガガ文庫)


修学旅行編。


最初の頃だったら考えられないぐらい、波久礼が楽しんでてホッとしました。

新幹線でのお菓子の分け合い、枕投げ、夜の恋話。定番のことでも、ぼっちにとっては大事なんだ。今までの苦労が少しは報われたんじゃないかな。


波久礼以外にも、えんじゅ達ヒロイン勢も変わり始めていて、なんだがラブコメの気配がする。遂に解禁されるのか?


今回はエリアスの出番が多く、波久礼への心象も変わってきてて、エリアスが恋に落ちたら強そうだ。ググッときてほしい。


まずは愛河と波久礼の関係がどうなるか。

少女妄想中

少女妄想中。 (メディアワークス文庫)


入間人間先生の作品は合う合わないがハッキリ分かれるんですが、今作は肌に合いました。圧倒的な百合。男子禁制の花園みたいで読んでいて、ドキドキしました。

短編なんですけど、色々繋がりがあり、最後に読者を飲み込むような感情の渦が巻き起こりました。


1番は「君を見つめて」ですね。

女子高生と叔母の背徳感のある関係はゾクゾクします。


絵師はやがて君になるの仲谷さんで、素晴らしい絵でした。



やがて君になるのスピンオフの布石はこの時に打たれていたのか。

ブギーポップ・アンバランス ホーリィ&ゴーストタウン

ブギ-ポップ・アンバランス ホーリィ&ゴースト (電撃文庫)


犯罪を次々と起こしていく男女のボーイミーツ。偶然に巻き込まれて、ドミノ倒しみたいに次々と事件を起こしておきながら、ホーリィとゴーストは実感することなく流れていく。

不思議な事件に巻き込まれた、ホーリィ&ゴーストは最後に確かな答えを見つけ出して、爽やかに終わって良かった。読んでるときはブギーポップにやられるんじゃないかと思ったら、ブギーポップを利用するとは。新しい。



シリーズで印象に残る作品になりそうです。

珈琲店タレーランの事件簿2 彼女はカフェオレの夢を見る

珈琲店タレーランの事件簿 2 彼女はカフェオレの夢を見る (宝島社文庫)


今回は美星さんの妹・美空が登場。

美空は美星さんとは違い、明るい性格だった。でも似てないようで似ているのが仲良しさに繋がってるのではないか。


美星、美空姉妹の秘密が明かされた。次はアオヤマの過去が知りたいです。


2巻は1巻と比べて苦い謎が多かったです。また、読者の裏をかく仕掛けもあって、好みなシリーズになりました。

苦さを含みながら、アオヤマと美星さんが距離を縮めていくのは良いですね。