羽休みに娯楽を

ラノベが多めで、キャラ文芸、漫画、アニメ、映画など娯楽でおすすめしたいことを書いてます。良かったら見ていってください!

やがて君になる(8)

やがて君になる(8) (電撃コミックスNEXT)作者:仲谷 鳰出版社/メーカー: KADOKAWA発売日: 2019/11/27メディア: コミック やがて君になる最終巻。正直、もっと続けられるだろうと思うが、この最終巻を見せられたら納得するしかない。最初から最後まで侑と燈子…

毒はお任せあれ 薬屋のひとりごと

漫画が主に宣伝されていて気になっていた作品です。漫画を読む前に原作を読んでみようと思いました。後宮が舞台の作品はあまり読まないので、最初は流れや言葉に戸惑って、流れを掴めなかったです。ただ、なんとなく掴めてからは最後まで一気読みでした。猫…

背中を押して 弱キャラ友崎くんLV.4

前巻で日南とぶつかり合って、自分のやりたいことを認識した友崎の人生というゲームへの取り組みが変わって、適応力がついてきたのは良いね。紺野を球技大会にやる気を持たせるために知識を巡らせたり、中村と家族の問題に対して泉の背中を押してあげたり、…

踏み出す勇気を リバーシブル・ラブー初恋解離ー

作者の前作「僕は僕の書いた小説を知らない」が頭に響いていたので今作も読もうと思いました。読んだら、頭にガツンと来ました。将来とかやりたいこととかに悩んでる人には特に刺さると思いました。主人公・上杉はある時知り合った"葵"に恋をする。ゆっくり…

陸王 文庫版

池井戸潤先生の作品で1番自分の胸に突き刺さるのが陸王ですね。ドラマは一気見して、最初から最後まで目を離せなかった。ドラマと原作小説比較したら物語の整合性や物語の波の作り方はドラマのほうが勝るかな。ただ、小説は小説で心理描写に長けてるので、ど…

あなたは誰を推す? カノジョに浮気されていた俺が、小悪魔な後輩に懐かれています

クリスマス前に彼女に振られて傷ついていた主人公・悠太。しかし、サンタコスでバイト中の小悪魔な少女・志乃原と出会う。捨てる神があれば拾う神もある。恋が終わったと同時に始まる新たなラブコメ。小悪魔な年下ヒロイン・真由理解し合える美女同級生・彩…

近すぎるゆえに 継母の連れ子が元カノだった3 幼馴染はやめておけ

どんどん作品が広がっていて、糖分たっぷり詰まっている。前巻水斗に振られた、いさなが生き生きと水斗にくっついている。振られて、異性ではなく友達という立場をねじ曲げてるようだけど、反論するものがないから水斗と結女は否定できない。友達ポジは自分…

2019年 12月 読んだ本とオススメ作品 読書メーターから

11月も47冊読めるとは… 継続していきたい!新作では似鳥鶏先生「目を見て話せない」井上悠字先生「やさしい魔女の救いかた」小川晴央先生「終わった恋を、はじめました」松村凉哉先生「僕が僕をやめる日」が特に面白かったので是非手に取ってもらいたい力作…

2019年12月 購入予定&気になる作品

もう2019年の12月になるんですね。時間が過ぎるのが速くて速くて…さて、12月の発売する作品で買いたい&気になる作品をチェックしました。全体的に気になる作品は少ないですけど、一つ一つが濃さそうで楽しみです。期待している新作では望公太先生の2作品「…

人を切り捨てろ ようこそ実力至上主義の教室へ10

退学者が1人も出ていないということで学校側か1クラス1人出してもらうという追加試験に翻弄される。清隆の阻止やその他様々な理由で退学者はまだいなかったが、遂にかと。試験内容は清隆の退学を狙っている父の思惑のようで、これからもきそうだ。ただ、今回…

死なない意志 探偵はもう、死んでいる。

タイトル、名探偵と言われていたシエスタがもう、死んでいる。という事実からして一筋縄にはいかない作品なのが予想出来るが、大技、小技を使って上手く作品を構成していて、夢が詰まった作品だなと思います。タイトルなどから、意表をついておいて。中身は…

嫌な過去は取っ払っておこう 神童勇者とメイドおねえさん3

表紙にはいないが、褐色マイペース美女のイブリスの掘り下げ回でした。自由気ままに生きていて、悩みとか抱えているように見えない。いや、見せない風にしていた。過去にあった辛い出来事がまだ振り切れてなく、まだ燻っていたが、シオンや他のメイド達との…

忘れられない恋心 友人キャラの俺がモテまくるわけないだろ?2

とにかく好きなラブコメである今作が無事に2巻が出てくれて嬉しい。ラブコメ好きに読んでほしい、すんなり気持ちが通じ合わないラブコメが焦ったくて、ヒロイン達を応援したくなりますよ。さて、今回は1巻でも登場して、散々友木に好意の目を向けていた葉崎…

研ぎ澄まされた衝撃作 僕が僕をやめる日

電撃文庫からメディアワークス文庫へ。15才のテロリストで衝撃的なインパクトを残した松村先生の新作。前作に続き、読むと衝撃を受ける作品になっています。人生に絶望して自殺しようとする主人公・立井は死ぬ寸前に高木という男に救われ、2人は秘密を共有し…

恋を終わらせない旅 終わった恋を、はじめました

主人公が、初恋相手を忘れずにいて人生に迷っているときに妹からかかってきた電話から物事は動く。何やら事情を抱えている妹が初恋相手の少ないが情報を見つけたから、探しに行こうと発破をかける。か細い情報を頼りに、様々な人に話を聞き、初恋相手を探す…

我が道を行くおひとり様最高。お前ら、おひとり様の俺のこと好きすぎだろ。

ひねくれた主人公と聞き、読みましたが、面白い。主人公・姫宮が人と人が接するうえで起きる疲れをおひとりで過ごすことで解消し、優雅に人生を満喫しきっていて、これは直さなくてもいいのでは?と思う。別に悪いことしてないしね。コミュニケーションも出…

まちがった青春の行末は やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。14

遂に、ついに、俺ガイル最終巻!待ち望みすぎて、熱が少し冷めてるときに出る形になっているのが非常に惜しい気もしますが、とりあえずは八幡、雪乃、結衣の集大成となる終わりが見れて良かったです。拗れて、すれ違い、ぶつかり合ったり、奉仕部メンバーが…

罪を告白する勇気を ようこそ実力至上主義の教室へ9

坂柳の一ノ瀬潰しは地味な憶測を流して、否定できないことをいいことに徹底的に揺さぶるという地味だけど、優等生な一ノ瀬には効いてたな。そして、一ノ瀬の秘密を流した南雲は小物過ぎて、早く清隆に遊ばれてくれと。坂柳はお遊び程度の力しか見せてないけ…

本当にやりたいことをやろう 弱キャラ友崎くんLV.3

大天使菊池エルが表紙で、素晴らしい!ずっと見ていたい…そんなこんなで、日南の指導で友崎は菊池とデートをすることに。マニュアル通りに接してくる友崎に菊池さんがズバッと刺してくる。正論だ。友崎の弱点というか、人生というゲームへのスタンスが違うか…

嘘か真か 友達の妹が俺にだけウザい3

夏休み。しかし、菫先生と軽い気持ちで偽の恋人関係を結んだものの。いざ、始めてみると彩羽、真白の嫉妬、めんどくさい菫先生の振り、菫先生の実家の都合に振り回される。結局、終盤になるまでラブコメかクリエイター側かどっちつかずだったな。しかし、最…

果てしなく遠い 三角の距離は限りないゼロ4

前巻で秋玻に振られ、霧香に本音を揺さぶられて、すっかり自分を見失った矢野を取り戻そうとする今巻。そんなタイミングで修学旅行へ行くのはもったいないかなとも思うが、秋玻の思い入れがある土地だと思うとアリだな。矢野が主人公できる状況じゃないから…

コミュ症探偵誕生 目を見て話せない

タイトルと表紙の主人公の通り、コミュ症の藤村が推理していく。人とコミュニケーションがとれないため、自分で動くしかないから頭を使い、謎を解いていく主人公像が新鮮に思えて、藤村を応援したくなります。コミュ症あるあるが胸が痛くなりました笑 作中で…

コーヒーカップに詰まった想い 珈琲店タレーランの事件簿6 コーヒーカップいっぱいの愛

シリーズ最新刊。既刊を読み終えてちょうどいいタイミングで発売してくれました。もう珈琲に関係ないのに驚かなくなってきたけど、寂しい。タレーランの事件だけど、解く場所が広がってきていて、そこは良い意味に捉えていけば良いかな。今回の謎はよく練ら…

時空旅行者の砂時計

本格ミステリと妻を救うためにタイムリープするという題材に惹かれ読みましたが、多少ん?と疑問になるところはありましたが、満足出来る作品でした。最初の物語の入りに躓きましたが、中盤から終盤にかけての畳み方が上手くて、物語に引き込まれました。主…

人生の責任 君死にたもう流星群3

表紙は誰だと思ったら、委員長こと宇野ちゃんだった。まさかのアイドル希望とはびっくり。大地がいた将来の世界では公務員として勝ち組のコースだったのに…ということだけど。自分の人生の責任は親でも友人でもなく、自分ということ。それを分かる頃は人それ…

静観の姿勢 ようこそ実力至上主義の教室へ8

3学期に入り、1年から3年までが混合で合宿をして、学年、クラス入り乱れての試験。清隆は静観の姿勢に入り、少ししか動かず少々物足りないが啓誠の成長や他クラスとの衝突や仲を深める繋ぎとしては良いのではないか。また、堀北、一ノ瀬目線の話があり、珍し…

恋路という迷路に迷い込む 三角の距離は限りないゼロ3

矢野、秋玻、春珂の関係がさらに複雑になっていく文化祭。この作品は一歩進んだと思ったら二歩下がって、方向を見失ってしまう。関係が落ち着くのは最終巻になるのかな。今回、新キャラの霧香が矢野と秋玻、春珂の関係を掻き回す。嫌なキャラを当ててきたな…

気持ちがすれ違う複雑な4人 君は誰に恋をする

表紙の4人の姿を見て、あらすじを読んで、これは複雑な四角関係の恋だと知り読まずにはいられなかったです。直感で読み始めましたが面白かったです。主人公の空とヒロインの可奈が別々のクラスメイト、凛と剛を好きになっていて協力しあう。これは空と可奈が…

魔女と弁護士の正義とは やさしい魔女の救いかた

井上悠字先生の新作。魔法使いが現代にいたら、疑わしきは罰せずというか、魔法を使えない人から見ると疑いにかけられるから魔女裁判が起こるでしょう。ただ、魔女視点から見ると理不尽だよな。そんな理不尽さを説明しつつ、やさしい魔女・ティナが自分のポ…

対抗する気持ち 相反する心 揺れるみみみ 弱キャラ友崎くんLV.2

日南と出会い、着々とリア充に近づいていく友崎。今回は日南が生徒会長に立候補するということで、みみみが対抗心で立候補する。みみみの裏側のサポートととして動く友崎。日南と仲良しのみみみに隠された気持ちが明らかに。友崎のサポートで、上手くいきそ…