羽休みに娯楽を

ラノベや漫画やアニメやら

本屋の店員がダンジョンになんて入るもんじゃない!

しめさば先生がファンタジー。本屋の店員・アシタは一日中本を読んでいたいぐらい、大の本好き。そんな彼が知り合いの冒険者に貴重な本をダシにダンジョンに挑む。アシタが本の知識を活かしていて、ダンジョンへの対応が異色に感じて良かった。一風変わった…

GOSICK ーゴシックー

超人気作。以前、アニメでやっていたのは知っていましたが、作品に触れてませんでした。なんとなく、1巻は読んでおこうと思い、読みました。ツンツンした、ヴィクトリカと慌てん坊の三男の久城がなんだかんだで、良いペアでした。やはり、ロリで強気な少女は…

2019年 9月 購入予定&気になる作品

今年も熱い夏でしたね。脱水症状にならなくてよかったです。9月は少しは涼しくなってほしいですね。9月の新刊は欲しい作品が散らばっていて、退屈しなさそうです。・期待している新作さよならの言い方なんて知らない夢に現れる君は理想と幻想と僕の過去霊媒…

撃ち抜かれた戦場は、そこで消えていろⅢ ー弾丸魔法とゴースト・プログラムー

1巻の時から心配していた、アスリーについて。レインとエアの関係に疑問を覚えた、アスリーが探りを入れたら見事に悪魔の弾丸が見つかったり、不審な動きをした二人に動揺するアスリー。物語の鍵を握る、カイセイという人物と接触したりと悪い方に振り切れて…

死神少女と最期の初恋

余命宣告されても達観している青年・景と魂を狩る死神・供花が過ごす7日間。1日1日を大切に過ごして、2人の距離が近づいていくのが、尊い。景は供花に最初から一貫して心を開いてもらいたいというのが伝わってきて、供花が感情豊かになっていくのも分かる。…

誰も死なないミステリーを君に

1年前に1回読んで、2巻が出るとのことで、読み返しました。なぜか頭から離れない魅力がある今作。寿命以外の死が見える少女・志緒がある少年・佐藤と協力し合い、死を防ぐというもの。アガサ・クリスティーの超有名作「そして誰もいなくなった」をもじって、…

ようこそ実力至上主義の教室へ4

無人島の試験が終わって、次は船の中で試験。クラスのメンバーがバラバラな状況で頭を使うというもの。ただ、今回は試験よりも、その裏側で起こったことが重要。それは、清隆が裏で暗躍するため、駒を選び、使えそうな平田と軽井沢を利用できると判断し、見…

コップクラフト2 DRAGNET MIRAGE RELOADED

吸血鬼が現れる話とポルノ本窃盗団を取り締まる話の中編二本立て。吸血鬼編では、マトバのポリスとしての腕は確かだとティラナが認めるのは例えがあれだったが良かった。取調室で拷問まがいのことをしていたのはありがちだが、面白かったです。ポルノ本窃盗…

魔法医師の診療記録

魔法、医学、ファンタジー。様々な要素を詰め込んでいて、珍しい作品でした。ただ、内容は王道で横道にそれることなく、真っ直ぐに突き詰めていて、面白かったです。魔法医師・クリミアの医師としての信念は理想主義かもしれないが、それでもめげずに信念を…

勇者様が友達になりたそうにこちらを見ている!

前作がヤクザの転生モノで、重い雰囲気だっただけに、新作が勇者が友達を作ろうとするというゆるふわな感じで驚き。異世界を救った勇者ということで、周りから偉大な人物だと思われてるが、実は友達を作りたいコミュ症だった。勇者に怯える村人に最初はモヤ…

死体埋め部の悔恨と青春

死体埋め部ってなんだと思ったら、言葉の通り死体を埋めるというもの。よくもこんな危ない題材を扱うものだと思ってたが、読み進めていくうちにハマってしまいました。様々な事情で依頼される死体。その死体の状況や情報から推理する真相。よく練られていた…

吸血鬼に天国はない

賭博師は祈らないの作者・周藤蓮さんとイラストレーター・ニリツさんが再びタッグを組むとか最高過ぎる。タイトルと表紙からして、名作感が溢れてますよ。賭博師の次は運び屋。淡々と仕事をこなしていた主人公・シーモアはある日いつも通り仕事をしていたら…

ブギーポップ・バウンディング ロスト・メビウス

よく分からなかったのが正直なところ。1回読んだだけじゃ駄目みたいです。織機さんがわりとメイン。成長したのかなと思ったら、結局は正樹に依存している状況で、正樹が大変だ。それでも正樹なら大丈夫だと思うが。あと、ブギーポップという存在の矛盾が突か…

ちょっぴり年上でも彼女にしてくれますか?4 〜好きの対義語は大好き〜

原作も漫画も絶好調!これはアニメ化いける。まずはドラマCDからかな。さて、内容としては安定の薫と織原さんの初恋空回りが見れて和む。しかし、2人で行く夏祭りでハプニングが。薫が今まで溜め込んでた衝動を解放してしまった。いや、思春期の男子があの乳…

響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部のホントの話

シリーズ最後の短編。実に良い息抜きになります。あすか世代、優子世代、それぞれの代の卒業までの残された時間を切り取った話が多く含まれていて、どの話も読んでいて沁みました。このシリーズを読んでてよく思いますが、各キャラの関係性や変化、呼吸、歩…

コップクラフト DRAGNET MIRAGE RELOADED

アニメが始まって内容を読み返したくなり、読み返しました。まさかアニメをやるとは思ってなかったですが、作者はヒットメーカーで内容をまとめ上げるのが上手だからか。内容としては、ケイ・マトバという刑事と異国の地からやってきた騎士、ティラナ・エグ…

響け!ユーフォニアムシリーズ 立華高校マーチングバンドへようこそ 後編

スピンオフ後編。2冊でまとめるのが勿体ないくらい、面白い。梓が自分の問題と向き合い、そして、未来先輩のアクシデントと直面する。様々な困難がありましたが、周りの仲間が梓を支えていて、皆一丸になっていたのがまさに青春!部活の王道をいっていて素晴…

響け!ユーフォニアムシリーズ 立華高校マーチングバンドへようこそ 前編

スピンオフ作品。久美子や麗奈と同じ中学だった、梓が主人公でお送りする。本編の最終章を前に読んでおこうと思い読みました、相変わらずの作者の腕前で巧みな描写と心の揺らぎを書いていて、部活内の出来事をドラマにするのが上手。本編の久美子に肩入れし…

ようこそ実力至上主義の教室へ3

1学期を終え、2学期になる前に無人島編。厳しい無人島生活で暴かれていく、Dクラスや堀北の弱点。今までは水面下に潜んでいたが、非常事態みたいな環境で試される試験に振り回されて、ぼろぼろと問題が浮き彫りになっていく。堀北が犯したミス、取り乱す平田…

アヤカシ・ヴァリエイション

新しく出来たレーベルに三雲先生の新作が!楽しみにしてましたが、期待どおりでした。世界観や主人公の背景などを作り上げるのが上手い!主人公・晴が背負っているものが物語が進むにつれて明かされていき、そこには衝撃なものが含まれていましたが、迷わず…

ブギーポップ・スタッカート ジンクスショップへようこそ

ジンクスを商売にするとは恐れ入ります。誰かは一度ぐらいは意識するジンクスを売るなんて、発想が良い。ただ、今回はブギーポップが早めに気づいて動いたからか、悪いやつはポンポン片付けられていって、あっという間に終わった感じが。しかし、最後に残っ…

2019年 7月 読んだ本 読書メーターから

・新作で特に面白かった作品天気の子http://wing31.hatenadiary.jp/entry/2019/07/20/220000ワールドエンドの探索指南http://wing31.hatenadiary.jp/entry/2019/07/27/223000友人キャラの俺がモテまくるわけがないだろ?1http://wing31.hatenadiary.jp/entry…

キノの旅ⅩⅩⅡ the beautiful world

キノの旅XXII the Beautiful World (電撃文庫)作者: 時雨沢恵一,黒星紅白出版社/メーカー: KADOKAWA発売日: 2019/07/10メディア: 文庫この商品を含むブログを見る やっと、最新巻まで追いつきました。令和になっても続くみたいですね。この旅の最終巻は訪れ…

2019 8月 購入予定&気になる作品

梅雨が明けて、本格的に熱くなってきましたね。熱中症にならないように気をつけます。 8月の新刊は期待値が高い作品が多いかも… 期待してる新作は… アヤカシ・ヴァリエイション 彼女は死んでも治らない 病弱探偵 死体埋め部の悔恨と青春 吸血鬼に天国はない …

全肯定奴隷少女:1回10分1000リン

肯定的なことをお金を払って言ってもらうのってどうなのと思ったが、意外と良いなと思った。勢いよく返事して、言葉をかけてもらったら気分が切り替わるんだなと主人公・レンとシスター見てて感じました。疲れたときに相談できる相手がいれば、辛いときも踏…

夏の終わりに君が死ねば完璧だったから

タイトルと表紙だけで面白そうだと思ったら、その通りだった。劣悪な家庭環境で育った少年,江都は身体が金塊に変わる女性・弥子と出会う。この物語は始めから決まっていたのかなと読み終えたら思いました。どんどん、身体の一部が無くなっていく弥子に凹み…

教え子に脅迫されるのは犯罪ですか?5時間目

天神とヤヤが新企画のために取材で箱根温泉に行く。ただ、いつも通り、星花と冬燕がついてきて、ロリロリする天神。しかし、中盤から一転する。担当編集としての信念。売れる才能と売れないで腐る才能。嫉妬。などなど。言葉が胸を切り裂いてくる。天神の初…

神童勇者とメイドおねえさん2

穏やかな日々を過ごすシオンと4人のメイド達。今回は大半が日常の話で、こんな風に過ごしているんだとわかって良かった。1巻がとにかく、詰め込まれていたので、2巻はゆったりと読めた。シオンはメイド達と過ごす日々を大切にしていて、メイド達もシオンとい…

ワールドエンドの探索指南

夏海先生の作品は初めて読みましたが、面白かったです。主人公達は記憶を失っているが、何かわからないまま、状況に流されてしまっていた。だが、ヒロイン?重要な女子がこの世界への違和感を口にし、謎を探っていくうちに真実の一部を目にする。1巻はまるま…

物理的に孤立している俺の高校生活6

様々なキャラクターが色々な理由を持って、生徒会選挙に挑む。アリアスが順当にいけば生徒会長になれる。ただ、それだけではいけない。元生徒会長の明星さんが場を乱す。波久礼は能力のコントロールについて教わるためにアリアスの当て馬として出馬する。終…