羽休みに娯楽を

ラノベや漫画やアニメやら

ブギーポップ・カウントダウンエンブリオの侵略

今回はバトル多くて別作品かと思った。ただ、強さとは何か。その問いは様々な考えがあって、どれも良いと思います。いつも以上にぼんやりとした展開であっさりめだったので物足りないのは否めないんですが、これからのための種まきだと思うと納得です。正樹…

転生賢者は娘と暮らす。03

のんびりスローライフ第3巻。そろそろ終わりかなと思ってたら帯にコミカライズが進行中って書いてあって、続くのかと思いきや完結してしまった。でも、正直巻数重ねるごとにどんどん薄味になってしまったので潮時だったんですかね。ネタ切れみたいな感じで苦…

物理的に孤立している俺の高校生活2

生きる上で困難な異能を持ってしまったぼっち達の夏休み。うん。辛い。あれ?こんなはずでは… そんな思いが頭をよぎる。波久礼が高鷲と菖蒲池と仲良くなり、そんな矢先に転入生が。なんだか悩みがありそうな転入生・汐ノ宮と過ごしていく。ぼっちの夏休みの…

クラスメイトが使い魔になりまして

ガガガ賞と審査員特別賞をダブル受賞した今作。落ちこぼれの主人公・芦屋想太が事故に巻き込まれる形で美少女の藤原千影を使い魔にすることに。キャッキャウフフな生活かと思いきや、災難に日常が待っていた。主人公の芦屋が曲がった性格で捻くれていて、コ…

学園者!〜風紀委員と青春泥棒〜

岡本タクヤ先生の新作!学園でこそ起きる青春、そこには光と陰がある。学園内で起こる問題に風紀委員は立ち上がる。いや〜テンポの良い会話や特徴的なキャラがわんさかいたりしていて、まさに青春の闇鍋。とっ散らかっちゃいそうなところを巧みな手腕でまと…

マージナル(4)

京也がヴェルツェーニとしての役割を終える。物語的には一区切りついた。1巻から京也は御笠を殺したい、でも殺したくない、という矛盾に悩まされてましたが、今巻では殺す相手ではなく、守りたいと思い、奮起するのは熱い。それにしても、非常になり切れず、…

キノの旅ⅩⅨ the beautiful world

キノの旅 (19) the Beautiful World (電撃文庫)作者: 時雨沢恵一,黒星紅白出版社/メーカー: KADOKAWA/アスキー・メディアワークス発売日: 2015/10/10メディア: 文庫この商品を含むブログ (3件) を見る 今巻はサラサラ読めるし、良い話(皮肉)ばなりで良かった…

ブギーポップ・ミッシングペパーミントの魔術師

今回はブギーポップや凪はあまり出ず。軌川十水という男に焦点が当てられて、進んでいく。軌川は人の痛みを取り除くことができる。それは一見幸せかもしれない。痛みを経験したいと思う人は少ないと思う。だが、それで良いのか?痛みを感じないということは…

罪人楽園

タイトル、表紙、あらすじ、全てに惹かれて読んで見たらめっちゃツボに刺さる、ダークファンタジーでした。罪人が大量に世に放たれ、大迷窟に潜りこむ事態に。そんな時に過去に傷がある主人公・ウィルがとあることをきっかけに、大迷窟に潜ることに。バンバ…

七つの魔剣が支配するⅢ

今、人気が出てるファンタジー。前巻ピートが窮地に陥って、焦るオリバー達。そんな時、不思議な先輩・ ミリガンが声をかけてくる。うーん。オリバー達の苦悩などかよく書かれてるし、ピートがどれだけ危ないところにいるのかを表していて、最後にピートが助…

名探偵の証明

諸行無常。時代は常に移り変わっていく。かつて名探偵として名を馳せた屋敷啓次郎が自分の老いと戦い、そして名探偵の宿命に立ち向かう話。渋いおじさんが好きな人は絶対に読んでほしい。若い名探偵の蜜柑が持て囃される中、屋敷は過去の後悔と向き合い、答…

やがて君になる(7)

やがて君になる(7) (電撃コミックスNEXT)作者: 仲谷鳰出版社/メーカー: KADOKAWA / アスキー・メディアワークス発売日: 2019/04/26メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る 遂に侑と燈子が離れていく…側から見ればお似合いなんだけど、心が追いつかな…

やがて君になる 佐伯沙弥香について(2)

佐伯沙弥香の良さがこれでもかと詰まっている、ノベライズ第2巻。先に言っておくと、原作コミック7巻を読んでから読むのをお勧めする。そういうネタバレというかもはや読んでる前提で書かれている。高校1.2年と沙弥香は燈子と仲良く過ごし、ゆっくりと関係…

マージナル③

サイコパスの一歩手前のマージナルで踏み止まる京也は葛藤を当たり散らしたりしないで、踏み止まる理性が残ってるがいつまで持つか。御笠が割と踏み込んできたが、京也の心に届くかなぁ。京也の中にまだ、暖かいところがあるのが良いですね。鬱一辺倒になら…

スガリさんの感想文はいつだって斜め上

読書感想部を作るほど、作品の感想を書くのが好きなスガリさんが読書感想文を書くたびに、その感想が話の謎に繋がるのが作品の形。凄く面白かったです。スガリさんの独特な目の付け所の感想文やスガリさんのキャラ造形が物語を引っ張っていて、スガリさんの…

ラメルノエリキサ

ハンムラビ法典をモットーに生きる少女・りなが、ある日夜道で切りつけられる。その時犯人が残した「ラメルノエリキサ」という言葉を頼りに犯人を捜す。りなちゃんが復讐大好きっ子で、とにかく強気に振り切れてるの好きです笑 とにかく行動する子でグイグイ…

きみの分解パラドックス

きみの分解パラドックス (富士見L文庫)作者: 井上悠宇,456出版社/メーカー: KADOKAWA/富士見書房発売日: 2016/08/10メディア: 文庫この商品を含むブログ (2件) を見る 分解マニアの天使とその異常性を隠そうとする結城が連続殺人事件に関わるうちに、校内の1…

噂の学園一美少女な先輩がモブの俺に惚れてるって、これなんのバグですか?

最近よく見かける、好感度が最初からMAXのところから始まるラブコメ。ただ、あらすじとか見て想像してたのとは違って、サイバーセキュリティを取り扱った学園モノ。専門知識が欠けてるとちんぷんかんぷんなところがある。そこが分かればより物語の盛り上がり…

継母の連れ子が元カノだった2 たとえ恋人じゃなくたって

今、ブームが来そうな糖分多めのラブコメ第2巻。今回から登場する新キャラ・いさなが今までにいないヒロインの形で珍しさが目立ちましたが、珍しいだけでなく良い子で好きになるヒロインです。ラノベオタクで巨乳で隠れ美少女とか陰キャラにとって理想的です…

2019年 4月 読んだ本 読書メーターから

・新刊で特に面白かった作品落第騎士の英雄譚16よるのばけもの 文庫本弱キャラ友崎くんLV.7妹さえいればいい12撃ち抜かれた戦場はそこで消えていろ2虐殺スペックの赤三月さんと低スペック九木野瀬くんplan.2・新作で特に面白かった作品不死人の検屍人 友達の…

家庭教師は知っている

本屋で表紙とあらすじを読んで面白いだろうなーと思ったら、本当に面白いし自分好みで良かったです。家庭教師は家に入って、仕事するのでどうしても家族との関わり合う。そこで問題があるのではないかという疑問が頭に浮かぶ。そこの家の問題に踏み込むのか…

その日、朱音は空を飛んだ

朱音が空を飛ぶ。そこに至るまでの流れと空を飛んだ後の錯綜劇が男女6人の視点から描かれて。最後は朱音本人の視点から空を飛んだところまでを。読んでて重くのしかかってきて、各人物の描写が鬱屈したものでした。高校生の黒いものを深く深く掘り下げていて…

物理的に孤立している俺の高校生活

異能ぼっち青春未満ラブコメ。異能の力は生まれつき決まっていて、その異能のせいでまともに青春を送れない人達がいる。そんな人達にスポットを当てて、青春を謳歌しようと奮闘する物語。主人公の波久礼は周囲の人の体力を奪ってしまう。高鷲は人と目を合わ…

流星の下で、君は二度死ぬ

身近な人が死ぬ予知夢を見る、少女・みちるが大切な人が死ぬ未来を見てしまうところからこの物語は始まる。過去に予知夢を見ておきながら、何もせず予知夢通りに身近な人が死んでしまい、後悔していたみちるだが、そんな後悔を抱えながらも大切な人のために…

きみの世界に、青が鳴る

階段島シリーズ最終巻。この物語は七草と真辺が軸に回っていて、最初から最後まで突き通していて、良かった。七草と真辺は互いに補い合っていて、だけどわかってないこともあって。それはとことん話し合う。 大地くんの問題、魔女について、考えに考えぬいて…

探偵はぼっちじゃない

本屋で一目惚れし、読みました!表紙やあらすじ読んで良いな〜と思ってたら帯に作者が15歳という情報が。驚いて、これは買うしかないなと。お話は中学3年生という多感な時期に共同して小説を書く。という緑川・星野視点と新任教師で理事長の息子という立ち位…

2019年 5月 購入予定&気になる作品

4月発売予定だった作品が流れてきていて、少し予定が狂うかと思いましたが、そんなことはなく、程よく発売日がばらけていて良かったです。ちょっと気になる作品は・講談社ラノベ文庫「2年B組は全滅しました」・HJ文庫「鬼畜の僕はウサギ先輩にかなわない」…

やがて君になる(6)

やがて君になる(6) (電撃コミックスNEXT)作者: 仲谷鳰出版社/メーカー: KADOKAWA / アスキー・メディアワークス発売日: 2018/09/27メディア: Kindle版この商品を含むブログ (1件) を見る 遂に始まる生徒会劇。侑、燈子、紗弥香の想いが交差する。劇を終えた…

虐殺スペック赤三月さんと低スペック九木野瀬くん plan.2

人生攻略本作る、赤三月と九木野瀬の物語第2巻。今回は新たに人生攻略をしたわけではなく、低スペックながら主人公である九木野瀬の過去を新キャラの歌ノ森と合わせて書かれていて、よい掘り下げでした。そして、赤三月も胸な秘めてるものの一部が垣間見える…

マージナル②

(内容)世間を騒がせた連続バラバラ殺人事件が解決されていないのに、私・宇佐美風香の住む月森市では、またも凄惨な事件が起こった。今後は撲殺だという。でも、私には陰鬱な気持ちが吹きとぶような出来事があった。小さかった頃、仲良しだった“きょーちゃん…