羽休みに娯楽を

ラノベが多めで、キャラ文芸、漫画、アニメ、映画など娯楽でおすすめしたいことを書いてます。良かったら見ていってください!

キャラ・ライト文芸

過去と今の名探偵 紅蓮館の殺人

最近、館のミステリーにハマりそうだったので、発売されたタイミングが良かったです。山中の館が舞台となっていて、外からは山火事、館の中には連続殺人鬼が潜んでいる。二つの脅威が迫ってくる中、主人公であるワトソン役・田所と友人でホームズの葛城が事…

運命の再会 ヴァイオレット・エヴァーガーデン 下

1巻と比べて、手紙の話が少なかったからちょっと物足りなかったかな。2巻はヴァイオレットとギルベルトの再会に行き着くまでの描写が優れていました。読んでて、最後の2人の密度の濃い空間は尊かったです。離れていた間も互いが互いを想っていて、無事に幸せ…

不純文学 1ページで綴られる先輩と私の不思議な物語

先輩と私が送るとちょっと不謹慎で、不思議な話を1ページずつ描かれている。左ページに題名、右ページに話ぽんぽん進んでいくようですけど、後に繋がるところがあり、先輩と私の間にある距離感が徐々に見えて来るのが良いですね。斜線堂先生の会話のセンスや…

本の顔 すべては装丁内

木緒先生と三嶋くろねさんがタッグを組んで、装丁のお仕事モノとか面白くないわけがない。主人公・甲府が何度も壁にぶつかったりしながらも周りに助けられ、良い装丁作りに励むという熱い展開。めげずに投げやりならず仕事に取り組もうとする甲府を応援した…

架見崎を回す香屋 さよならの言い方なんて知らない。2

本格的に香屋、秋穂が架見崎の戦争に挑む第2巻。とても厚く、ボリュームのある一冊になっているが、内容が読ませるものになっていて端から端まで、食いつくように読みました。香屋の臆病で用意周到なところに孕んでる危険性は確かに、怖いなと思いました。全…

手紙で伝えることに意味がある ヴァイオレット・エヴァーガーデン 上

アニメ観て、満足しきっていて、手を出してなかったが、外伝の映画を観たらもう我慢ができなくて、読みました。アニメとは違い、最初から仕事が出来るヴァイオレットに違和感。物語は短編でサクサク次へ次へとなるが、一つ一つの話に重みがあり、感情が揺さ…

様々な味 珈琲店タレーランの事件簿4 ブレイクは五種類のフレーバーで

短編集。いつもの黒い話は控え目で、どれも前に進める明るい話ばかりでした。読みやすくて、気楽に読めました。お得意の叙述も挟んであったり、美星さんの過去、シャルルについて、色々ありましたが、特に印象に残ってるのは、アオヤマが美星さんからもらっ…

人間の哀愁が漂う Iの悲劇

米澤穂信先生の新作は寂れた村の復興Iターンプロジェクト。死んだ村を復興させるために、移住民を集めるが、様々な問題が浮かびあがる。何から何までも甦り課に苦情がきて、対応していく。一章 近所付き合いの裏側二章 あっけない事実三章 善意が全て正しい…

愛すべき三年間 響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、決意の最終楽章 後編

遂に最終楽章後編。前編で漂っていた悪い予感が全て的中してしまい、中盤まで、苦しい展開に。久美子は部長になり、降りかかる困難に対処するのに精一杯で、同情してしまう。だが、久美子が北宇治での原点となる。あすか先輩と話したり、友人、後輩と接して…

青春SF作品 HELLO WORLD

映画を観てから読むと決めていて、長らく積んでいましたが、映画を観たので読みました。 読んでみたところ、エンタメ作品として、多くの人に読んでもらえるように万人に受けるように感じてしまいました。設定は多少凝ってるのですが、ところどころで描写があ…

珈琲店タレーランの事件簿3 心を乱すブレンドは

今回は、コーヒーバリスタコンテスト。名誉ある大会に美星が参加することになり、アオヤマも付き添いで行く。ただ、表では分からなかった大会の裏側がドロドロした事情が混ざっており、すんなりといかない。純粋なコンテストとは離れていき、妨害行為が多発…

響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、決意の最終楽章 前編

遂に最終章。久美子、麗奈達が3年生になり、部を引っ張り全国金賞を取りにいく。まだ、終わりを見たくないという思いがあり、手に取るのが遅くなりました。だって、好きなんだもん、久美子達が…それでも最後まで見届けようと覚悟していたが、前編はただ、振…

コールミー・バイ・ノーネーム

ゴミ捨て場に捨てられていた古橋琴葉を世次愛が見つけ、強烈に惹かれ合うところから始まる百合ミステリー。友達になるために愛は琴葉の本当の名前を見つける日々が始まる。その日常は今まで感じたことがないもので、恋人関係、好き、愛など不確定で宙ぶらり…

青い春を数えて

以前から気になっていたので、読めて良かった。この作者の描く心理描写はたまらないと改めて思う短編集でした。学生生活をしていると嫌でも周りと比べたり、悩みを抱えてしまう。今作は女子高生の様々な感情。臆病、嫉妬、傲慢、個性、不安。どれも大事な悩…

九度目の一八歳を迎えた君と

教室が、ひとりになるまでで作者を知り、新作を読みました。今作は静かにそして、淡々と重い事実浮かび上がってきていて、分かっていいのかと思いつつ、油断していたら本命が襲ってくる感じか。昔、恋をしていた少女が高校3年生を繰り返しているというのは気…

medium 霊媒探偵 城塚翡翠

相沢先生の最新作。発売前から好評で、読むのが楽しみでした。推理作家・香月、霊媒探偵・翡翠 2人が出会い、事件に挑み、解いていく。作者にしては、ヒロインがおとなしめだと思ったら、やっぱりね。と。2人が過ごしてきた日常、謎解きは最終話で炸裂する。…

GOSICKⅡ ーゴシック・その罪は名もなきー

ヴィクトリカの母の濡れ衣を晴らす第2巻。2巻目にして、掘り下げててびっくり。もっとあとに取り上げるかと思ってました。学園を抜け出して、一弥とヴィクトリカが村へ行くのが旅みたいで楽しかったです。2人の間で、まだ空いてるものがあるのがあって、それ…

君と漕ぐ2 ながとろ高校カヌー部と強敵たち

1巻が怒涛の展開だっただけに2巻は緩やかに流れ行きつつ、ところどころに刺さるところが混じっていた。最後は恵梨香が悔しさを覚えて、これまでとは違う顔を出してきて、これからの活躍が楽しみ。部員達がそれぞれ、悩み、動いていくのかが見えてきて、これ…

さよならの言い方なんて知らない。

角川スニーカー文庫で出版された、「ウォーター&ビスケットのテーマ」を改稿、改題し、単著として新潮文庫nexで再デビューすることに。色々、思うところがあるが内容には関係ない。どこが変わっているのかは詳しくは思い出せないが、ページ数が少なくなって…

誰も死なないミステリーを君に2

1巻から時間が空いたが無事に2巻が出てくれて嬉しいです。1巻で心を掴まれた僕としては待ち遠しかった。続巻が発表された時は舞い上がりましたよ。さて、内容としては、2巻は1巻に比べて、難易度が上がっているように思いました。死線は消えたり、また浮かん…

GOSICK ーゴシックー

超人気作。以前、アニメでやっていたのは知っていましたが、作品に触れてませんでした。なんとなく、1巻は読んでおこうと思い、読みました。ツンツンした、ヴィクトリカと慌てん坊の三男の久城がなんだかんだで、良いペアでした。やはり、ロリで強気な少女は…

誰も死なないミステリーを君に

1年前に1回読んで、2巻が出るとのことで、読み返しました。なぜか頭から離れない魅力がある今作。寿命以外の死が見える少女・志緒がある少年・佐藤と協力し合い、死を防ぐというもの。アガサ・クリスティーの超有名作「そして誰もいなくなった」をもじって、…

死体埋め部の悔恨と青春

死体埋め部ってなんだと思ったら、言葉の通り死体を埋めるというもの。よくもこんな危ない題材を扱うものだと思ってたが、読み進めていくうちにハマってしまいました。様々な事情で依頼される死体。その死体の状況や情報から推理する真相。よく練られていた…

響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部のホントの話

シリーズ最後の短編。実に良い息抜きになります。あすか世代、優子世代、それぞれの代の卒業までの残された時間を切り取った話が多く含まれていて、どの話も読んでいて沁みました。このシリーズを読んでてよく思いますが、各キャラの関係性や変化、呼吸、歩…

響け!ユーフォニアムシリーズ 立華高校マーチングバンドへようこそ 後編

スピンオフ後編。2冊でまとめるのが勿体ないくらい、面白い。梓が自分の問題と向き合い、そして、未来先輩のアクシデントと直面する。様々な困難がありましたが、周りの仲間が梓を支えていて、皆一丸になっていたのがまさに青春!部活の王道をいっていて素晴…

響け!ユーフォニアムシリーズ 立華高校マーチングバンドへようこそ 前編

スピンオフ作品。久美子や麗奈と同じ中学だった、梓が主人公でお送りする。本編の最終章を前に読んでおこうと思い読みました、相変わらずの作者の腕前で巧みな描写と心の揺らぎを書いていて、部活内の出来事をドラマにするのが上手。本編の久美子に肩入れし…

アヤカシ・ヴァリエイション

新しく出来たレーベルに三雲先生の新作が!楽しみにしてましたが、期待どおりでした。世界観や主人公の背景などを作り上げるのが上手い!主人公・晴が背負っているものが物語が進むにつれて明かされていき、そこには衝撃なものが含まれていましたが、迷わず…

夏の終わりに君が死ねば完璧だったから

タイトルと表紙だけで面白そうだと思ったら、その通りだった。劣悪な家庭環境で育った少年,江都は身体が金塊に変わる女性・弥子と出会う。この物語は始めから決まっていたのかなと読み終えたら思いました。どんどん、身体の一部が無くなっていく弥子に凹み…

掟上今日子の挑戦状 文庫版

今回はアリバイ、密室、ダイイングメッセージを題材にした中編一本、短編二本が収録。1話目のアリバイは犯人目線が多めだったけど、動機が予想の斜め上を狙ったもので、まんまと騙された。ぐぬぬ。2話目の密室はよくよく考えていくと分かったのかなと。ただ…

天気の子

本日、映画を観て、その熱が冷めないうちに読みました。大体は映画通りになっていて、頭の中でそうだよ、こんな感じだと思いながら読めました。そして、小説ならではの内心の描写が光っていて、映画で気になった部分は少し補正出来ました。最初は明るい話か…