羽休みに娯楽を

ラノベや漫画やアニメやら

キャラ・ライト文芸

響け!ユーフォニアム 北宇治高校の吹奏楽部日誌

定期演奏会と合同演奏会の短編二本とガイドブックが収録されている、一冊。・定期演奏会の話では、久美子が葉月の隠した気持ちを拾ってあげるのは優しいな。なんでもそうだけど、初心者の好きを否定したくない。・合同演奏会だと、昔からの知り合いの梓が久…

少女妄想中

入間人間先生の作品は合う合わないがハッキリ分かれるんですが、今作は肌に合いました。圧倒的な百合。男子禁制の花園みたいで読んでいて、ドキドキしました。短編なんですけど、色々繋がりがあり、最後に読者を飲み込むような感情の渦が巻き起こりました。1…

珈琲店タレーランの事件簿2 彼女はカフェオレの夢を見る

今回は美星さんの妹・美空が登場。美空は美星さんとは違い、明るい性格だった。でも似てないようで似ているのが仲良しさに繋がってるのではないか。美星、美空姉妹の秘密が明かされた。次はアオヤマの過去が知りたいです。2巻は1巻と比べて苦い謎が多かった…

いまさら翼と言われても

待望の文庫化。もう少し発表が遅かったら単行本を買ってました。今作を読むために氷菓から読み返しました。だから思った、古典部面々が未来へ歩き出す短編集だと。ただ、里志の掘り下げが少なかったな残念。「箱の中の欠落」里志と対象的に、古典部面々の中…

ジェリーフィッシュは凍らない

以前から気になってたが、文庫化したので読みました。帯に書いてある通り、「そして誰もいなくなった」の似ている風みたいだけど、詳しくは知らないけど、こんな感じかと思いました。また、模様作だとしても、小型飛行船を起きる謎は面白かったです。墜落事…

逢う日、花咲く。

心臓移植により、起きる奇跡の初恋物語。久しぶりにここまで王道な青春を読みました。主人公とヒロインに焦点を絞り、一切道を外れることなく結末に向かっていってて好印象でした。ただただ、僕と彼女が互いを想い合っていて、胸が高鳴りました。登場人物が…

珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を

以前から気になっていたが、長らく手を出さずいたが、遂に読みました。黒髪ショートの女性のヒロインということで、落ち着いてるのかと思いきや、意外にも饒舌で、謎を解決するために動くので、ギャップがあり良いヒロインではないか。バリスタヒロイン・切…

響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部のヒミツの話

短編集。アニメに合わせるために書き下ろしたのかなーと邪推してみたり。本編とは違い、軽く読めるが、その分物足りなさが残りました。ただ、普段の日常の生活を書いていてくれて、よりキャラクターが頭に入ってきたように思います。時期はバラバラですが、…

雨の降る日は学校に行かない

自分が相沢沙呼先生の作品にハマったきっかけの作品です。久しぶりに読み返しましたが、改めて名作だと思いました。女子中学生達の悩みや苦しみが詰まった短編集で、1話1話の密度が凄いです。どの話も鬱になりそうな状況ながら、最後は救いに近づくのが素敵…

放課後の名探偵

高校生男女の多感な時期だからこそ、起きる事件。嫉妬や見栄、傲慢、そんな感情から起こる謎はどれも軽く感じて読みやすかった。だが、当のキャラ達は真面目に生きて、こんな事件を起きている。良い学園の謎でした。色々な話があるが、中でも「誰がGを入れた…

行きたくない

住野よる先生が宣伝してて目に入り、購入。知ってる作家は住野よる先生と渡辺優先生しか知らなかったんですが、満足です。知らない作家だと、小嶋陽太郎先生、奥田亜希子先生のが良かったですかね。だけど、やっぱり知ってる作家の2人の作品に気持ちが動きま…

響け!ユーフォニアム3 北宇治高校吹奏楽部、最大の危機

タイトルの通り、北宇治高校吹奏楽部の精神的支柱でもある、あすか先輩が部活を辞めるという緊急事態に。そして、久美子の姉が大学を辞めるという。アニメ第2期の範囲で内容を知っていても、グイグイ引っ張られます。あすか先輩と久美子の姉が辞めるというこ…

本屋のワラシさま

本屋を舞台に、お客様のちょっとした謎を本を通して紐解いていく。理由あって、本が読めない代理店主・啓と本屋に住み込みワラシのドラバタしながらも、暖かくしてくれる良い作品でした。どの話も読み進めていくと、人と人の繋がりや優しさが溢れていて、読…

鬼とめおとの古物商 アンティークに思い出をこめて

電撃文庫でファンタジーな旅物語を書いてた著者がメディアワークス文庫に移って、何書くんだろうなと気になってました。ラジオ、ドールハウス、茶碗、一つ一つのものに宿る大切な想いをすくい上げて、その古物に縁がある人に届ける。実に素晴らしかった。物…

破滅の刑死者 内閣情報調査室「特務捜査」部門CIRO-S

帯や推薦文で推されていて読んでみたが、あまり期待し過ぎるといけないなと。普通に面白いんだけど、無理に期待を煽る宣伝によって損するかも。犯罪異能力者を捕まえるために、狂った正気を持つ主人公・トウヤと相棒・珠子がタッグを組む。トウヤの軽い感じ…

叫びと祈り

海外をモチーフにした謎の短編集。独立した話かと思いきや、全てが繋がる最後にあっ!と驚かされました。最初からどこか違和感があるなと思ったけど、気のせいかと見逃してたら最後に伏線回収されてて、巧みな構成でした。それそれの話がその地域特有のもの…

夏空白花

戦争に負けて、日本国民が絶望に落ちてる時に甲子園を復活させる。なんて夢物語。だがそんな時だからこそ、やるべきではないか。新聞記者の神柱が甲子園復活に向けて動く中で様々な困難が立ち向かっていき、なんども立ち止まるんですが、人と人の繋がりで甲…

響け!ユーフォニアム2 北宇治高校吹奏楽部のいちばん熱い夏

2巻は1巻では明かされなかった、2年生大量退部の事件について。久美子がみぞれや希美と話し、あすかに相談し悩む。部活って、楽しみたい派と本気でやりたい派に分かれるから、ちゃんと意見を擦り合わせないと駄目だよな… ただ、中学、高校で理解しろって難し…

名探偵の証明

諸行無常。時代は常に移り変わっていく。かつて名探偵として名を馳せた屋敷啓次郎が自分の老いと戦い、そして名探偵の宿命に立ち向かう話。渋いおじさんが好きな人は絶対に読んでほしい。若い名探偵の蜜柑が持て囃される中、屋敷は過去の後悔と向き合い、答…

スガリさんの感想文はいつだって斜め上

読書感想部を作るほど、作品の感想を書くのが好きなスガリさんが読書感想文を書くたびに、その感想が話の謎に繋がるのが作品の形。凄く面白かったです。スガリさんの独特な目の付け所の感想文やスガリさんのキャラ造形が物語を引っ張っていて、スガリさんの…

ラメルノエリキサ

ハンムラビ法典をモットーに生きる少女・りなが、ある日夜道で切りつけられる。その時犯人が残した「ラメルノエリキサ」という言葉を頼りに犯人を捜す。りなちゃんが復讐大好きっ子で、とにかく強気に振り切れてるの好きです笑 とにかく行動する子でグイグイ…

きみの分解パラドックス

きみの分解パラドックス (富士見L文庫)作者: 井上悠宇,456出版社/メーカー: KADOKAWA/富士見書房発売日: 2016/08/10メディア: 文庫この商品を含むブログ (2件) を見る 分解マニアの天使とその異常性を隠そうとする結城が連続殺人事件に関わるうちに、校内の1…

家庭教師は知っている

本屋で表紙とあらすじを読んで面白いだろうなーと思ったら、本当に面白いし自分好みで良かったです。家庭教師は家に入って、仕事するのでどうしても家族との関わり合う。そこで問題があるのではないかという疑問が頭に浮かぶ。そこの家の問題に踏み込むのか…

その日、朱音は空を飛んだ

朱音が空を飛ぶ。そこに至るまでの流れと空を飛んだ後の錯綜劇が男女6人の視点から描かれて。最後は朱音本人の視点から空を飛んだところまでを。読んでて重くのしかかってきて、各人物の描写が鬱屈したものでした。高校生の黒いものを深く深く掘り下げていて…

流星の下で、君は二度死ぬ

身近な人が死ぬ予知夢を見る、少女・みちるが大切な人が死ぬ未来を見てしまうところからこの物語は始まる。過去に予知夢を見ておきながら、何もせず予知夢通りに身近な人が死んでしまい、後悔していたみちるだが、そんな後悔を抱えながらも大切な人のために…

きみの世界に、青が鳴る

階段島シリーズ最終巻。この物語は七草と真辺が軸に回っていて、最初から最後まで突き通していて、良かった。七草と真辺は互いに補い合っていて、だけどわかってないこともあって。それはとことん話し合う。 大地くんの問題、魔女について、考えに考えぬいて…

探偵はぼっちじゃない

本屋で一目惚れし、読みました!表紙やあらすじ読んで良いな〜と思ってたら帯に作者が15歳という情報が。驚いて、これは買うしかないなと。お話は中学3年生という多感な時期に共同して小説を書く。という緑川・星野視点と新任教師で理事長の息子という立ち位…

屋上の名探偵

日常の謎が読みたくなったので、読みました。内容としてはもうひと押し、なんかほしいなと思いました。シスコン主人公・悠介と屋上に潜んでる名探偵・蜜柑が協力し合い謎に挑む。蜜柑は過去に嫌なことがあり出来るだけ目立たないようにしているが、その知性…

名探偵に薔薇を

虚構推理の城平京先生のデビュー作素晴らしいの一言。二部構成になっていて、一部、二部片方でも楽しめるようになっています。しかし、両方読むとズシリとした重みを感じる真相を感じられるので、是非最後まで読んでもらいたいです。童話をモチーフにしなが…

夜空の呪いに色はない

階段島シリーズ第5巻。遂に階段島における問題、魔女についてと大地の母親について語られる。物語は終わりへと向かっている中、七草と真辺は現実の自分と話し、そして決断する。いやはやここまで深く物語を描かれていると文章を読むのに夢中になって仕方ない…