羽休みに娯楽を

ラノベが多めで、キャラ文芸、漫画、アニメ、映画など娯楽でおすすめしたいことを書いてます。良かったら見ていってください!

ライトノベル

想い合う2人 そうだな、確かに可愛いな

最近、流行りのうざかわ系年下ヒロインモノ。ただ、主人公が異世界帰りということや、ヒロインがそれほど癖がないというのがありました。(あらすじ)この小説はイチャ甘ラブコメ――彼氏彼女の交際が始まった直後の二人の初々しい日々の記録だ。 彼氏は渡世戒理…

奪うということは 俺がラブコメ彼女を絶対に奪い取るまで。

略奪愛に見えるが本当は普通の恋愛で、勘違いを勘違いで上塗りしていき、錯綜していく展開から目が離せない!(あらすじ)「俺は人生の主人公じゃない」リア充高校生・成瀬和臣がライバル視するのは、ヤレヤレ系主人公沖津優太。和臣は彼の取り巻きの幼馴染、…

生きる希望を さよなら異世界、またきて明日 旅する絵筆とバックパック30

タイトルから面白そうだし、前作が評判になっていたので、読んでみました。最初は雰囲気や文章に慣れるのに徹してましたが、作品に入れてからはぐいぐい引っ張られるように読み進められました。(あらすじ)滅びかけた異世界に迷い込んだケースケは、ハーフエ…

ままならない感情 痴漢されそうになっているS級美少女を助けたら隣の席の幼馴染だった

フライ先生の儚い表紙に釣られて読みましたが、表紙の幼馴染キャラ・伏見が結構情緒不安定でビックリ。可愛いんだけどさ。主人公・高森と幼馴染の伏見は疎遠になっていたが、ちょっとしたきっかけで話すようになり、高森と親しかったクラスメイトの鳥越が触…

最高に楽しい関係 俺の女友達が最高に可愛い。

ベタベタな主役2人。主人公・カイと友人・ジュン。異性ながらも以上に趣味や気が合う2人は確固たる友達。友達って上手く築けると、なんでも言いあえるし、良い関係。ただ、付き合うのではなく。むしろ付き合うことで生まれる制約を嫌い、友達のまま、仲を深…

選択し、後悔しない道 ちょっぴり年上でも彼女にしてくれますか?5 〜いくつになってもお姫様〜

前巻の終わりに、織原さんと薫の交際が妃さんにバレるという終わりで、これは詰んだのでは?と思いました。読み終えてみると、逆境を逆手に取って、織原さんと薫の関係がグッと近づいていて策士過ぎるだろう望公太先生。織原さんの姉・妃さんと薫の父・茂さ…

触れ合い、見せる才能 天才王子の赤字国家再生術6 〜そうだ、売国しよう〜

遂にコミカライズ版も発売されて、勢いがある今シリーズ。10巻越えようが最後までついていきたい面白さ。今回はウェインが巻き込まれただけで、表だって動くわけではないけど、随所に天才っぷりを発揮していて、ウェインが完全に主役だという印象を強めてい…

確固たる仲 29とJK2 〜大人はモテてもヒマがない〜

1巻でスッキリしたが、2巻は苦難が多くて全体的に重いです。鋭二は濡れ衣着せられ、渡良瀬は仕事モノあるあるのセクハラ、花恋は小説を書くということの辛さ、ギッチリ壁を描いていて、絶望感がありました。ただ、苦しんでもがいた分、全てをひっくり返した…

やりたいことを伸び伸びとやる。 真の仲間じゃないと勇者のパーティーを追い出されたので、辺境でスローライフすることにしました

以前から気になってはいたが、読めてなかった。人気が出たので読みました。早く読めば良かったと思いました…個人的にスローライフものは最初から最後まで波風立たずみたいなのは苦手で、多少は刺激がないと退屈に感じてしまいますが、この作品はそこのところ…

果たすべき道は遠い 七つの魔剣が支配するⅤ

1巻ぶりにオリバーの復讐がメインの巻で、ワクワクドキドキしながら読めました。周りの友人の成長や環境の変化も良いが、やっぱりオリバーの悪い面がもっと見たい。そして、苦しみながら前に進む姿を見たい。今回の復讐大賞はリアリストで魔導を追求する変人…

バチバチなライバル 声優ラジオのウラオモテ #01夕陽とやすみは隠しきれない?

電撃文庫大賞受賞作品。最近アイドル的な活躍もしている女性声優を前面に押し出していて好感が持てる気がします。物珍しさだけでなく、しっかりと物語の定石を踏んでいて、太く熱い作品になっていました。女子高生で同じクラスの2人。ギャル系美少女の由美子…

青春ブタ野郎は迷えるシンガーの夢を見ない

前巻の刊行から1年と数ヶ月が経ち、アニメと映画が盛り上がったところで、次は大学生編へと移る。思春期症候群という内容的に高校生のうちだけでも良いように思うが、青ブタが続いてくれるということは嬉しい。一区切り出来るタイミングはあったと思うが、終…

青春ブタ野郎はランドセルガールの夢を見ない

青春ブタ野郎はランドセルガールの夢を見ない (電撃文庫) 作者: 鴨志田一,溝口ケージ 出版社/メーカー: KADOKAWA 発売日: 2018/10/10 メディア: 文庫 この商品を含むブログを見る (内容) 三月に入って、三学期も残り1ヶ月。いよいよ迎えた麻衣の卒業式当日…

青春ブタ野郎はおでかけシスターの夢を見ない

青春ブタ野郎シリーズ、第8巻。新章突入。激動な1章から新章はどうなるのか、楽しみで仕方なかったです。5.6.7巻と感情揺さぶられる話が続いていて、今巻は緩やかな話運びに感じました。平和な日々を送る咲太や麻衣さん、翔子ちゃんを見れるのがなんと幸せな…

強さを求めて 弱キャラ友崎くんLV.8

遂に菊池さんという可愛い彼女を作った友崎。これからどう展開していくのかと思ったら、進路についての話になるのか。そして日南からの課題で友崎自身のグループを作ることに。進路に関してはアタファミのオフ会を通して、自身が行きたい道が見えてきたが、…

ー異能ー

様々な男女が異能という力を得て、バトルロワイヤルが行われる。視点が切り替わっていき、どんどん進んでいく展開に引きつけられました。それぞれのキャラクターが色々な形で関わり合っていて、繋がっていくのが、なんか良いな。各々の人生が見えるように、…

内緒だけど、大切な関係 クラスで一番の彼女、実はボッチの俺の彼女です

またまた新たな形のラブコメ作品が出てきました。初めから恋人関係というのが珍しい。だが、周りには知られないように過ごしているということで、バレないようにイチャつくのが良い人に刺さりますね。自らボッチでいる主人公・篠宮と周りの期待に応える自分…

恋人を作るということ 弱キャラ友崎くんLV.7

リア充への道を走り続ける友崎の運命の文化祭が幕を開ける。遂に、恋人を作ることになり、人を好きになる理由。付き合う理由。深く考え続ける友崎だからこそ出した、想いに胸を打たれました。納得のいくものでした。そして、凹んだ友崎を励ました彼女は立派…

願いはどこに行く 今はまだ「幼馴染の妹」ですけど。せんぱい、ひとつお願いがあります

幼馴染の妹が同じ高校に入ってきて、始まる甘々ラブコメ。嫌われもの主人公・冬月にちょっかいをかけまくる、幼馴染の妹・灯火。家に押しかけてきたり、弁当作って一緒に食べたり、カラオケに行ったり、これはただ近い関係のラブコメかと思わせておいて、ド…

確かにあった、想い。探偵はもう、死んでいる。2

1巻の前の、探偵が生きていた頃の話。まさか、2巻でするとは思わなかったので不意を突かれました。シエスタが死んでいるという事実を知ってから、余計に生きていた頃の懐かしい話に心が揺さぶられます。君塚とシエスタの相思相愛なのがはっきり分かり、1巻で…

新たな道の始まり ようこそ実力至上主義の教室へ 2年性編1

遂に来ました二年生編。進級早々、一年生とペアを組んで筆記試験に挑むというもの。単純にいかなくなってきていて、臨場感が増してきて良いです。仲良しこよしではなくなってくるか。各クラスが上に行こうと様々なやり方を通す中、Dクラスも成長した堀北、平…

年の差なんて関係ない 29とJK 〜業務命令で女子高生と付き合うハメになった〜

自分の中で、とても大好きな作品です。近ごろ流行ってる?年の差ラブコメの先駆者だと思っていて、思いあれが深い作品です。先日、最終巻が出て、まだ最後にしたくない!と逃避として1巻から読み返していこうと決意しました。久しぶりに1巻読みましたが、熱…

幸せを掴みにいく努力 結婚が前提のラブコメ

結婚を希望する婚活者が幸せを掴みにいく、愛と苦悩の物語だ。婚活相談所を舞台にするラブコメが生まれてくるとは微塵も想像してなかったので、興味本位で読みました。1巻は婚活相談所のシステムやキャラ紹介がメインでした。ただ、最後に動き出しそうな気配…

悩める思春期の少女達 むしめづる姫宮さん2

ヒトの心の弱いところを虫に憑かれて、苦しむ少女達。有吉と姫宮が関わっていき、揺れる心と向き合っていくのが、良いです。高校生の時のままならない現状を打破していく青春模様が素晴らしいです!今回は埋れたくない、誰かと繋がりたいということを書かれ…

大事なものは何なのか 竜と祭礼 ー魔法杖職人の見地からー

これはまた美しい物語が生まれました。杖を直す。最初はそこからどう物語を広げていくのかと思ったが、直すために必要な竜の心臓どう見つけ出すのか。竜はもう1000年以上前に絶滅している。そんな状況からどうやって竜の心臓を探すのかと、気になって仕方が…

敵を騙すなら スパイ教室《花園》のリリィ

ファンタジア大賞にふさわしい、力作でした。発売前から推されていたし、タイトルやあらすじ、表紙も良かったので読むのは必然だったが、それでも言いたい。面白かった!凄腕スパイが様々な個性を持ちながら、未熟な少女達を集めて、難関なミッションに挑む…

ヒロイン達の心の内 弱キャラ友崎くんLV.6.5

シリーズが盛り上がっていきそうなところで挟まれた短編集はヒロイン達の気持ちを乗せた日常で、これを読ませるということは本格的に恋愛モードに突き進んでいくんだなと。・日南の中学生時代・菊池さんが友崎と出会うまで・みみみの自身と向き合う他にも色…

怠けてもいられない将軍 ひきこまり吸血鬼の悶々

読む前から期待していて、無理して早く読んだのですが、最高でした。読み終えた後はコマリ教に染まってるでしょう。引きこもっていたコマリがある日突然、立場が変わり、将軍になる。⁇みたいな状況から、面白おかしく状況が進んでいく。誰か気付けと思うが、…

さびしがりやのロリフェラトゥ

さがら総の人と人ならざるものの繋がりを描く群像劇。自分の殻に篭る少女、面倒みがよく情に厚い不良少女、吸血鬼、ロボット。様々な気持ちや想いが入り乱れていて、視点が切り替わっていくので、違う角度から見ると、見え方がそれぞれ違うので、主観の大切…

自分の価値を理解しよう 弱キャラ友崎くんLV.6

友崎がリア充に至るまでに通る道にある、誰を恋人にするということに入ってきました。その前に友崎が誰を好きなのか探ることになりました。大本命は菊池さんで対抗は七海ですかね。大穴はたまちゃんだろうが、無いだろう。日南や水沢の恋愛観がリア充の総意…