羽休みに娯楽を

ラノベが多めで、キャラ文芸、漫画、アニメ、映画など娯楽でおすすめしたいことを書いてます。良かったら見ていってください!

ライトノベル

コップクラフト6 DRAGNET MIRAGE RELOADED

マトバとティラナ。地球人とセマーニ人。自らが掲げる正義が違う2人がここまで、信頼を重ねるとは思ってもいなかった。1巻からあった作品のテーマの答えに大きく近づいた。物語の始めからの敵・ゼラーダと対決したマトバとティラナ。2人のコンビプレイには胸…

清隆の圧倒的な強さ ようこそ実力至上主義の教室へ7

遂に、龍園との決着の時。Dクラスの影で暗躍する清隆をおびき寄せるために、軽井沢を脅す。しかし、軽井沢が強い心で屈せずに清隆のことをバラさずに耐えたのは心を打たれました。そして、清隆が正体を見せる。清隆の圧倒的な強者感が堪らなく、頼もしい。清…

綾小路グループ誕生 ようこそ実力至上主義の教室へ6

2学期も中間テストを乗り越え、あとは期末テストや特別試験くらいになっている状況。Dクラスの面々も学園に慣れてきたところ。今回課される期末テストでは点数良い人と悪い人がペアを組むということに挑む。だか、堀北、平田などのおかげで試験自体は乗り越…

コップクラフト5 DRAGNET MIRAGE RELOADED

マトバが昔関わりを持ったやつが、変な死に方をした。そこから、徐々にマトバに過去のしがらみが追ってくるという。相変わらずドタバタ感があって、シリアスも混ぜられて、面白い。マトバの過去が鍵なんだが、完全にとばっちりくらってて、ご愁傷様。久しぶ…

一年生編の締めくくり ようこそ実力至上主義の教室へ11.5

表紙の一ノ瀬が堪らん!ただ、本編ではしょげてて、清隆に懐柔されてしまってるが…一年生編の締めくくりとなっている春休みの日常が描かれている、短編。いつも通り短編というか本編みたいな内容でした。わりと重い内容が挟まってて、これ読まないと駄目でし…

最強の切り込み隊長コルネリウスの内側 ファイフステル・サーガ4 再臨の魔王と女神の巫女

1巻から強さが飛び抜けていた、小さい子大好きのコルネリウスにスポットが当たる。政略的な婚姻相手にあたる、新キャラ・ヘンリエッテとコルネリウスの逃亡劇では、コルネリウスの内側に迫るもので、多少だが彼を理解出来たかも。異常なほどの戦意のわけや子…

なんて可愛いんだ勘解由小路三鈴 HELLO WORLD IF ー勘解由小路三鈴は世界で最初の失恋をするー

IFストーリー。主人公は映画や原作で中盤から出番がなかった勘解由小路三鈴が主役。ただのスピンオフと思うなかれ、映画や原作で疑問に思っていたことの補完がなされていて、わりと本当に大事な内容もあって見逃したら勿体ないです。三鈴目線から見た、直実…

クラスメイトが使い魔になりまして2

1巻で顕著過ぎた想太と千影の仲の悪さ。そのチグハグなところはこれからの敵に対しては、二人の間にある溝が弱点になりそうだから、特訓する。そして、1年後までに想太と千影の主従関係を解消しないと、結婚することに。2巻の内容を読む限りだと、ある程度は…

物理的に孤立している俺の高校生活7

クリスマスイベント到来。今回は汐ノ宮さんと大福の関係が主役なんだろうが、予想通りだったが、その結果が周りに影響を及ぼすとは…裏側でフォローに回っていた、波久礼、えんじゅ、愛河の間で大きな変化が生まれて、これ以上ない問題が立ちはだかる。波久礼…

堀北、自身の壁を見る ようこそ実力至上主義の教室へ5

体育祭編。今まで頭を使う頭脳戦が多かったので、はっきりと身体能力がものをいう形で、喜び人、苦しむ人がはっきりしていた。たまには脳筋にも活躍の場を作るのも良いですね。清隆は動きづらい状況で、最後の最後まで諦観しているのかと思いきや、裏で手を…

スイレン・グラフティ② もすこしつづく、ナイショの同居

真面目な彗花とヤンチャな蓮の微笑ましい、青春物語第2巻。母に内緒で同居を決める彗花が危ういところにいるように思える。果たして、信頼してもらっている母にバレたら、どうなるか気になります。今巻でバレるのではないかと思ったが、そんなことは無かった…

コップクラフト4 DRAGNET MISAGE RELOADED

中編が一本、ゴドノフの話、ふざけたインタビューが少々、本は薄い。だけど不思議と濃厚に感じるのは描写の仕方が上手いからか。マトバがティラナを信用していて、あいつなら大丈夫と思っているのが、最初の頃は想像出来ないな。笑互いに時間を過ごしてきて…

君死にたもう流星群

発売当初から気になってた作品。なぜ今まで読んでなかったのかと言いたくなる熱量がありました。小さい頃から器用で容量よく生きてきた主人公・大地。夢を諦めて現実に馴染もうとするが、夢を見れず、引きこもり少女・星乃を失う。落ちぶれていた大地がある…

コップクラフト3 DRAGNET MIRAGE RELOADED

表紙の通りティラナが変装し、学園に潜入捜査する。最初は軽いノリで進み。なーんだ、あんまり危ないことはなかった。そんなはずはなく…徐々に明かされていく事件の内側、そして関係者の繋がり。読み進めていくうちに、どんどん暗い話になってきて、シビアに…

ぼくたちのリメイク ver.β

本編とは違い、過去にタイムリープしないで社会で逆転を目指すスピンオフ。有名なゲーム会社で、恭也は端の部署に配置され、そこから成り上がる。本編同様、熱い。燻っていた、クリエイター達が恭也と出会うことで感化されていき、刺激を受けて、覚悟を示し…

ようこそ実力至上主義の教室へ4.5

シリーズ初短編。無人島、船の上の試験を乗り越えたご褒美みたいな息抜き回。本編は試験のスリルがあるから、肩に力を入れて読んでるところがあるから、たまには軽いのも挟んでくれるとありがたいです。平和な夏休みの日々が書かれていて、読み応えを気にし…

夢に現れる君は、理想と幻想とぼくの過去

完全に作者のファンなので、作者買い。キャラの会話や空気感、関係性が絶妙になされていて、楽しく読めました。主人公があることを境にダメンズになり、友人の家でお世話になるエリートニートになる。そんな主人公・楓が初恋相手・霧崎と過去にやり残したこ…

世界は愛を救わない

主人公・五郎は倫理的に幼なじみの美香は世間的に幼なじみの貫地は社会的にそれぞれ、抱えている愛がある。それは簡単に人には言えない秘密。だからこそ、秘密を共有し、互いを認識することで落ち着き、仲が良く固まる。最初は軽い語り口で、コミカルな会話…

ハル遠カラジ3

ハルが様々な経験をしてきて、自分で悩むようになった。そんなハルが心配であれこれ手を出したくなるテスタから母性を感じる笑 というか女性なんですねテスタ…ハルのテスタ離れが難しいが、テスタのハル離れの方が難しいような気がしてきました。そして、二…

むしめづる姫宮さん

悪い虫の魂が思春期の高校生に憑いてしまう町が舞台で、次々と不思議なことが起きていく。主人公・有吉は虫に詳しく、頼りになりそうな少女・姫宮に悩みを打ち明ける。虫が題材にしているから、変化球みたいな奇策を練る作品かと思ったら、少年、少女の悩み…

本屋の店員がダンジョンになんて入るもんじゃない!

しめさば先生がファンタジー。本屋の店員・アシタは一日中本を読んでいたいぐらい、大の本好き。そんな彼が知り合いの冒険者に貴重な本をダシにダンジョンに挑む。アシタが本の知識を活かしていて、ダンジョンへの対応が異色に感じて良かった。一風変わった…

撃ち抜かれた戦場は、そこで消えていろⅢ ー弾丸魔法とゴースト・プログラムー

1巻の時から心配していた、アスリーについて。レインとエアの関係に疑問を覚えた、アスリーが探りを入れたら見事に悪魔の弾丸が見つかったり、不審な動きをした二人に動揺するアスリー。物語の鍵を握る、カイセイという人物と接触したりと悪い方に振り切れて…

死神少女と最期の初恋

余命宣告されても達観している青年・景と魂を狩る死神・供花が過ごす7日間。1日1日を大切に過ごして、2人の距離が近づいていくのが、尊い。景は供花に最初から一貫して心を開いてもらいたいというのが伝わってきて、供花が感情豊かになっていくのも分かる。…

ようこそ実力至上主義の教室へ4

無人島の試験が終わって、次は船の中で試験。クラスのメンバーがバラバラな状況で頭を使うというもの。ただ、今回は試験よりも、その裏側で起こったことが重要。それは、清隆が裏で暗躍するため、駒を選び、使えそうな平田と軽井沢を利用できると判断し、見…

コップクラフト2 DRAGNET MIRAGE RELOADED

吸血鬼が現れる話とポルノ本窃盗団を取り締まる話の中編二本立て。吸血鬼編では、マトバのポリスとしての腕は確かだとティラナが認めるのは例えがあれだったが良かった。取調室で拷問まがいのことをしていたのはありがちだが、面白かったです。ポルノ本窃盗…

魔法医師の診療記録

魔法、医学、ファンタジー。様々な要素を詰め込んでいて、珍しい作品でした。ただ、内容は王道で横道にそれることなく、真っ直ぐに突き詰めていて、面白かったです。魔法医師・クリミアの医師としての信念は理想主義かもしれないが、それでもめげずに信念を…

勇者様が友達になりたそうにこちらを見ている!

前作がヤクザの転生モノで、重い雰囲気だっただけに、新作が勇者が友達を作ろうとするというゆるふわな感じで驚き。異世界を救った勇者ということで、周りから偉大な人物だと思われてるが、実は友達を作りたいコミュ症だった。勇者に怯える村人に最初はモヤ…

吸血鬼に天国はない

賭博師は祈らないの作者・周藤蓮さんとイラストレーター・ニリツさんが再びタッグを組むとか最高過ぎる。タイトルと表紙からして、名作感が溢れてますよ。賭博師の次は運び屋。淡々と仕事をこなしていた主人公・シーモアはある日いつも通り仕事をしていたら…

ブギーポップ・バウンディング ロスト・メビウス

よく分からなかったのが正直なところ。1回読んだだけじゃ駄目みたいです。織機さんがわりとメイン。成長したのかなと思ったら、結局は正樹に依存している状況で、正樹が大変だ。それでも正樹なら大丈夫だと思うが。あと、ブギーポップという存在の矛盾が突か…

ちょっぴり年上でも彼女にしてくれますか?4 〜好きの対義語は大好き〜

原作も漫画も絶好調!これはアニメ化いける。まずはドラマCDからかな。さて、内容としては安定の薫と織原さんの初恋空回りが見れて和む。しかし、2人で行く夏祭りでハプニングが。薫が今まで溜め込んでた衝動を解放してしまった。いや、思春期の男子があの乳…