羽休みに娯楽を

ラノベが多めで、キャラ文芸、漫画、アニメ、映画など娯楽でおすすめしたいことを書いてます。良かったら見ていってください!

宝島社文庫

不純文学 1ページで綴られる先輩と私の不思議な物語

先輩と私が送るとちょっと不謹慎で、不思議な話を1ページずつ描かれている。左ページに題名、右ページに話ぽんぽん進んでいくようですけど、後に繋がるところがあり、先輩と私の間にある距離感が徐々に見えて来るのが良いですね。斜線堂先生の会話のセンスや…

様々な味 珈琲店タレーランの事件簿4 ブレイクは五種類のフレーバーで

短編集。いつもの黒い話は控え目で、どれも前に進める明るい話ばかりでした。読みやすくて、気楽に読めました。お得意の叙述も挟んであったり、美星さんの過去、シャルルについて、色々ありましたが、特に印象に残ってるのは、アオヤマが美星さんからもらっ…

愛すべき三年間 響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、決意の最終楽章 後編

遂に最終楽章後編。前編で漂っていた悪い予感が全て的中してしまい、中盤まで、苦しい展開に。久美子は部長になり、降りかかる困難に対処するのに精一杯で、同情してしまう。だが、久美子が北宇治での原点となる。あすか先輩と話したり、友人、後輩と接して…

珈琲店タレーランの事件簿3 心を乱すブレンドは

今回は、コーヒーバリスタコンテスト。名誉ある大会に美星が参加することになり、アオヤマも付き添いで行く。ただ、表では分からなかった大会の裏側がドロドロした事情が混ざっており、すんなりといかない。純粋なコンテストとは離れていき、妨害行為が多発…

響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、決意の最終楽章 前編

遂に最終章。久美子、麗奈達が3年生になり、部を引っ張り全国金賞を取りにいく。まだ、終わりを見たくないという思いがあり、手に取るのが遅くなりました。だって、好きなんだもん、久美子達が…それでも最後まで見届けようと覚悟していたが、前編はただ、振…

響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部のホントの話

シリーズ最後の短編。実に良い息抜きになります。あすか世代、優子世代、それぞれの代の卒業までの残された時間を切り取った話が多く含まれていて、どの話も読んでいて沁みました。このシリーズを読んでてよく思いますが、各キャラの関係性や変化、呼吸、歩…

響け!ユーフォニアムシリーズ 立華高校マーチングバンドへようこそ 後編

スピンオフ後編。2冊でまとめるのが勿体ないくらい、面白い。梓が自分の問題と向き合い、そして、未来先輩のアクシデントと直面する。様々な困難がありましたが、周りの仲間が梓を支えていて、皆一丸になっていたのがまさに青春!部活の王道をいっていて素晴…

響け!ユーフォニアムシリーズ 立華高校マーチングバンドへようこそ 前編

スピンオフ作品。久美子や麗奈と同じ中学だった、梓が主人公でお送りする。本編の最終章を前に読んでおこうと思い読みました、相変わらずの作者の腕前で巧みな描写と心の揺らぎを書いていて、部活内の出来事をドラマにするのが上手。本編の久美子に肩入れし…

響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、波乱の第二楽章 後編

二年生編の下巻。様々な問題を抱えながらも、大会へ。新一年が加わり、明らかに前年より上回った演奏だった。だけど、足りなかった。新しく優子が部長になり、少しずつ守りに入っていた。それは確かに、伏線は張られていた。ただ認識が甘かった。作者はなん…

響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、波乱の第二楽章 前編

誓いのフィナーレを見たら早く読みたいと思っていた二年生編。結構厚いが、内容がギッシリ詰まっていて、あっという間に読めます。久美子が二年生になり、1年の指導係になったのでくせ者の1年の悩みに向き合わないといけなくなる。あすか先輩の影響を受けつ…

響け!ユーフォニアム 北宇治高校の吹奏楽部日誌

定期演奏会と合同演奏会の短編二本とガイドブックが収録されている、一冊。・定期演奏会の話では、久美子が葉月の隠した気持ちを拾ってあげるのは優しいな。なんでもそうだけど、初心者の好きを否定したくない。・合同演奏会だと、昔からの知り合いの梓が久…

珈琲店タレーランの事件簿2 彼女はカフェオレの夢を見る

今回は美星さんの妹・美空が登場。美空は美星さんとは違い、明るい性格だった。でも似てないようで似ているのが仲良しさに繋がってるのではないか。美星、美空姉妹の秘密が明かされた。次はアオヤマの過去が知りたいです。2巻は1巻と比べて苦い謎が多かった…

珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を

以前から気になっていたが、長らく手を出さずいたが、遂に読みました。黒髪ショートの女性のヒロインということで、落ち着いてるのかと思いきや、意外にも饒舌で、謎を解決するために動くので、ギャップがあり良いヒロインではないか。バリスタヒロイン・切…

響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部のヒミツの話

短編集。アニメに合わせるために書き下ろしたのかなーと邪推してみたり。本編とは違い、軽く読めるが、その分物足りなさが残りました。ただ、普段の日常の生活を書いていてくれて、よりキャラクターが頭に入ってきたように思います。時期はバラバラですが、…

響け!ユーフォニアム3 北宇治高校吹奏楽部、最大の危機

タイトルの通り、北宇治高校吹奏楽部の精神的支柱でもある、あすか先輩が部活を辞めるという緊急事態に。そして、久美子の姉が大学を辞めるという。アニメ第2期の範囲で内容を知っていても、グイグイ引っ張られます。あすか先輩と久美子の姉が辞めるというこ…

響け!ユーフォニアム2 北宇治高校吹奏楽部のいちばん熱い夏

2巻は1巻では明かされなかった、2年生大量退部の事件について。久美子がみぞれや希美と話し、あすかに相談し悩む。部活って、楽しみたい派と本気でやりたい派に分かれるから、ちゃんと意見を擦り合わせないと駄目だよな… ただ、中学、高校で理解しろって難し…

静かの海 その切ない恋心を、月だけが見ていた 下

下巻。真咲と行成の恋と進路はひと段落する。真咲は母親の進めで進学校に進み、行成は大阪の会社へ。心だけでなく、物理的にも離れてしまう。そんな不安に押しつぶされそうになる真咲が辛い。そして、自分が女性だってことも自分の口からでは言えず、他人か…

静かの海 その切ない恋心を、月だけが見ていた 上

この作品の単行本を献本で読んで、筏田かつら先生を知りました。文庫化ということで改めて読みましたけど、何度読んでも楽しめますね。行成と真咲のすれ違いながらも友情(愛情?)を育んでいってて、いつかはバレるというのを意識しながらも言い出せない真咲…

響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部へようこそ

京アニでアニメ化していて、とても面白く。去年はリズと青い鳥を見て今月は最終章の映画を控えてるので、原作を読み始めました。探り探り読み進めましたが、とても面白かったです。内容は知っていても、部活特有の人間関係の歪みや厳しい空気が重くのしかか…

四月一日さんは代筆屋

四月一日(わたぬき)さんは代筆屋 (宝島社文庫)作者: 桜川ヒロ出版社/メーカー: 宝島社発売日: 2018/10/04メディア: 文庫この商品を含むブログを見る (内容)広島県熊野町、「筆の都」と呼ばれる町にある一軒の代筆屋。そこには四月一日さんという、ふくよかで…