羽休みに娯楽を

ラノベや漫画やアニメやら

夜空の呪いに色はない

夜空の呪いに色はない (新潮文庫nex)


階段島シリーズ第5巻。


遂に階段島における問題、魔女についてと大地の母親について語られる。物語は終わりへと向かっている中、七草と真辺は現実の自分と話し、そして決断する。


いやはやここまで深く物語を描かれていると文章を読むのに夢中になって仕方ない。大人になるためには多くの夜を乗り越えなければならない。過程を飛ばしても大人にはなれるが、大人ではない。大地の母親や時任さんの悩みを理解しながらも意見を出す七草の精神は凄すぎる。てか、河野裕先生の作品の登場人物は大体時頭が良いんですが、今作はよりそう感じますね。


そして、個人的には堀さんが魔女で良いと思うが、どうなるかな。真辺、安達もみんなで魔女になるのか。最終巻である次巻が楽しみ過ぎます。


言葉にならない感情が多くて悩みます。

よるのばけもの

よるのばけもの (双葉文庫)


単行本で読んでたが、文庫版の表紙に惹かれ読みました。

1度読んだ時よりもより作品の命題に気づけたし、最後の引きをよりよく感じられました。1度目はあっけないなと感じてしまい、あまり良い印象を持てなかったんですけど、主人公・あっちーの苦しみが分かったら一変しました。一見、あっけなく感じてしまうかもしれないが、過程をよく読んだら最後の引きに感動しました。


この作品は普通という縛りから抜け出し、あっちーと矢野が"出会う"物語なんだ。


みんなはよるのばけものを飼ってしまってないか?そういうときは普通から抜け出してみよう。そうすれば違う景色が見えるはずだ。

涼宮ハルヒの暴走 角川文庫

涼宮ハルヒの暴走 (角川文庫)

短編集。

消失を経て、キョン長門に気を配るようになったり、長門もちょっとずつ変わっていってて良い。ハルヒもなんだかんだで周りを見てるんだなーと感心。

キョンハルヒが信頼しあっているのもニヤッときますね。


アニメで見てない雪山症候群が面白かったです。

長門にかかる負担をどう分け合っていくのか気になります。


アニメ化されてない範囲に入っていきそうでより一層楽しみです。

不死人の検屍人 ロザリア・バーネットの検屍録 骸骨城殺人事件

不死人(アンデッド)の検屍人 ロザリア・バーネットの検屍録 骸骨城連続殺人事件 (星海社FICTIONS)


この作者の作品は初めて読みました。ガガガ文庫から出てる「魔法医師の診療記録」の存在は知っていまして、読もうかなーと思ってたら丁度今作が出たので、こちらから読んで見ようと思いました。

まず、面白かったです。設定的に条件付で死者がアンデットとして、生まれ変わるというのが良い味出していて良かったです。

呪われた城に集まる花嫁たちが次々と死んで、ゾンビになったりして結構残酷。これ、どうやって物語に片付けるのかと思ったら、犯人は当てられましたが、動機が凄すぎて呆然となりました。


そして、主役二人、アンデットハンター・クライヴとアンデット検屍人・ロザリアが正反対の主張を持ちながら、協力し合いぶつかり合いながらちょっとずつ心が近づいていくのが読んでて好きになりました。完全に仲良くなるわけではないですが、これから腐れ縁になっていきそうでほっこりします。



続くなら絶対に読みたい作品です。面白い作品ですので、興味がある人は是非読んでください!

静かの海 その切ない恋心を、月だけが見ていた 下

静かの海 その切ない恋心を、月だけが見ていた 下 (宝島社文庫)


下巻。真咲と行成の恋と進路はひと段落する。真咲は母親の進めで進学校に進み、行成は大阪の会社へ。

心だけでなく、物理的にも離れてしまう。そんな不安に押しつぶされそうになる真咲が辛い。そして、自分が女性だってことも自分の口からでは言えず、他人から言われる。中盤までは重たい空気が流れてましたが、中盤から一転、真咲と行成は一緒にはいられない。今は。真咲が抱えていた、家族、友達、行成との恋が決して無駄にはならない展開で、読後感が非常に良い感じに締めくくりました。


全ては言えてない、それでも察し合う二人の未来は明るく、想像の余地があり、素晴らしい作品だと思いました。

静かの海 その切ない恋心を、月だけが見ていた 上

静かの海 その切ない恋心を、月だけが見ていた 上 (宝島社文庫)


この作品の単行本を献本で読んで、筏田かつら先生を知りました。

文庫化ということで改めて読みましたけど、何度読んでも楽しめますね。

行成と真咲のすれ違いながらも友情(愛情?)を育んでいってて、いつかはバレるというのを意識しながらも言い出せない真咲が切ない。行成も気づかないのが悪い。

行成のこと以外でも家族や学校で悩みを抱えていて、真咲にとっては行成との時間がとても大切なモノになっていたんだろう。


切なさや苦しみ、しかし暖かさがある作品でとても良い小説です。女子小学生と男子大学生の貴重な日々を是非読んで下さい。

小説王

小説王 (小学館文庫)


ドラマが今月から放送されるということで、読みました。結果的にめちゃくちゃ面白くて、ドラマを見る前に読んで良かったなと。

作家・編集者を軸に話は回っていて、小説を生み出す大変さ、小説を売り出す難しさが深く掘り下げられていてた。電子書籍スマホ普及や様々なことで、厳冬を迎えている今だからこそ、読んでほしい物語でした。


売れない作家と三流編集者が命を燃やして、作品を作ろうとしていて、その熱に当てられて一気読み出来ます。登場人物たちも個性豊かな面々で、読み進めていったら、どの人物にも感情移入してしまいます。



小説を愛する人達に読んでもらいたいです。


漫画も読み応えがありましたので、こちらもどうぞ。

小説王 (1) (角川コミックス・エース)

小説王 (1) (角川コミックス・エース)