羽休みに娯楽を

ラノベが多めで、キャラ文芸、漫画、アニメ、映画など娯楽でおすすめしたいことを書いてます。良かったら見ていってください!

虚構推理

f:id:WING31:20200118203347j:plain


以前に講談社文庫版を読んでいましたが、アニメが始まったので、講談社タイガから出ているのを読みました。

話を知っていても中盤から最後までの銅人七瀬との対決は盛り上がりました。


様々な噂が流れていて、まさに虚構的な存在である銅人七瀬が生まれた理由。そして触れられない、掴めない、そんな銅人七瀬を崩していく方法がハッとさせられるもので、夢中になります。生まれた理由なんか、何もかも確かな理由があるわけでもないし、こんな正体でも良いよなと。崩していく方法は目には目を見たいな感じで斬新だけど、確かに理にかなっているように思う。


主人公は九郎ではなく、琴子なのかな?二人の関係や、九郎の元カノの紗季さんのこれからが気になるし続きを読みます。

謎の六花さんもどうなのか。


アニメ、漫画も追っていきたいと思います。

掟上今日子の遺言書 文庫版

掟上今日子の遺言書(文庫版) 忘却探偵(文庫版) (講談社文庫)


タイトルに遺言書が入ってるのと、表紙が暗くてアンニョイな感じがして、重い話なのかと思ったが、その通りにしないのが、作者らしいです。


シリーズ1巻に登場していた厄介が再び登場して、空から降ってきた女子中学生にあたり、怪我をすることから始まらなくても良いのでは笑

普通は悲壮な雰囲気が出ると思うが、厄介だとそうにならないのが良い。

今日子さんとの絡みはやはり厄介が落ち着く。


今回の話は犯人の動機を徹底的に追求されていたり、フィクションでも計画通りにはいかないというのが描かれていて、想像の角を擦るようになっていて、楽しく読めました。


今日子さんは自由で良いですね。


揺れる思春期の心の内側 マツリカ・マハリタ

マツリカ・マハリタ (角川文庫)


柴山とマツリカさんの距離がグッと近づく2巻となっていて、良いです。

自然と話せる関係になったからなのか分からないですが、マツリカさんの上からの物言いに嫌味が感じなくなっていました。

反対に毒を吐かないマツリカさんに驚くという。


柴山は小西さんを中心に知り合いが増え、学生生活も変わってきている中、マツリカさんの謎が少し明かされたり、マツリカさんの心境も変わってきていて、良い関係性で羨ましいです。


話に関してはどれも一巻に比べて、研ぎ澄まされていつ、読み終えた後の感触が良くなっています。新キャラ達の内面描かれていて、より、楽しめました。



マツリカさんと柴山の学生生活をもっと見たいと思います。


人と人の温かみに心洗われる 午前3時33分、魔法道具店ポラリス営業中

午前3時33分、魔法道具店ポラリス営業中 (PHP文芸文庫)


藤まる先生がまたもや泣かしに来た。


死んだ者と生きている人の間には、もう会うことも話すこともないという深い溝がある。その間を埋めるために魔法道具が登場する。

道具といっても無機質な物ではなく、死者が込めた想いが詰まっていて、1話1話に出てくる魔法道具の秘密が明かされた後には、胸にこみ上げてくるものがあります。


どの話も心に良く染みる話になっていて、心が軽くなったように思います。

読書の醍醐味です。


物語の主役2人、主人公・遠野と魔法道具店で働く、月城はユーモアに溢れていて、会話は面白いし、ぎこちない関係の変化も楽しめる。良い主役です。


シリーズ化したら良いですが、するかな?


ともあれ単巻でもまとまっているので、この作品が持つ人の温かみを読んで確かめてほしいです。


進化していくうえで ベーシックインカム

ベーシックインカム


井上真偽先生の作品は以前から気になっていて、何から読もうかなと思ってたら、表紙や本を眺めてて読みたくなった今作から読もうかなと。

読んでみたところ、これは面白い!

近未来的なSFミステリー作品で、これから世が発展していくうえで、起こりうることを材料にしていました。

読んでいて思わず、これはありそうだと思う点がいくつもあって、うなずきながら読んでました。

どの短編も入り口は軽い感じで、進んでいくにつれて、思いもしない角度から衝撃を浴びさせられるのが、とても良いです。頭がほぐれます。


作品全体的にとても練られていて、夢中になりました。


全てが繋がる最終話は心地良いように思いました。


信念と正義、どちらが大事か 刀と傘

刀と傘 (明治京洛推理帖) (ミステリ・フロンティア)


去年のミステリー作品の中で評価が高かったので読みました。

歴史背景を組み込んだミステリー作品で、どの話も動機や犯行が多彩なので読んだら作品の中に没入するしかないです。


短編集の中の、一つ一つの話の中でホームズとワトソンに当てはまる、江藤と鹿野のコンビの関係の変わり様は大きな魅力になっていました。


飄々とする江藤と芯のある鹿野が好かれる人物だったからこそ、話が盛り上がったんだろうと思います。


最後の話を読み終えた後に、余韻に浸れる作品でした。

避けられない最後だったのかと考えずにはいられませんでした。



作者のこれからの活躍に期待が膨らみます。


名探偵誕生

名探偵誕生


似鳥先生の作品にしてはとんでもないのがブッ込まれてないのに驚き。

真っ直ぐな初恋物語としても楽しめるし、ミステリーも味わえる良い作品でした。


主人公・星川瑞人こと、みーちゃんが小学校から大学生になるまでの過程の中で、近隣に住む好きな相手・千歳さんへの気持ちの移り変わりとそのときそのときに出会う謎と共に成長していくのに夢中になって読めました。


名探偵とはなるものではなく、数々の経験を得て生まれるものなんだと感じました。


みーちゃんの成長の果てに名探偵に至る、この物語は面白いです。