羽休みに娯楽を

ラノベや漫画やアニメやら

変態王子と笑わない猫。1

変態王子と笑わない猫。 (MF文庫J)

(あらすじ)

横寺陽人は頭の中身が煩悩まみれな高校二年生。ひょんなことで“笑わない猫像”に祈ったら、心で思ったことがいつでもどこでも垂れ流しになってしまった! 人生の大ピンチを救ってくれたのは、クールでキュートな無表情娘、筒隠月子――「頭の先から尻尾の終わりまで撫でまわしたくなる感じの子だなあ」「変態さんですね」「ち、違っ、褒め言葉の一種だよ!?」「裁判沙汰の多そうな変態さんですね」「!!??」とにもかくにも猫像のせいで喪われた本音と建前を奪還しようと、ふたりは協力してアニマル喫茶に行ったり水着を買いに行ったりお嬢様のペットになったり――ん?第6回新人賞<最優秀賞>受賞、爽やか変態×冷ややか少女の青春迷走ラブコメ


 面白かった!アニメも楽しんで見てたから(途中からは…)文章を追っていくときに頭の中でキャラが動いていて、物語に没入出来ました。

内容に関しては、アニメを見てた時は、可愛い女の子達と戯れてる横寺ずるいなーと思ってました。だけど、年を重ねてから読むと案外、やってる内容が深いんじゃないかと思いました。

本音と建前は誰もが使い分けてると思うんですけど、どちらかが使えなくなって、片方に限られるのは辛いよなぁと。

人は無いものをねだるけど、実際手に入れても良いことだとは限らないんだよ。


 横寺、月子、小豆の3人がここからどうなっていくか楽しみで仕方ないです。

この作品は中学生から幅広い年代層まで届く内容だと思うので気になってる人は1巻を読んで見てはどうだろう。



 個人的に名言だと思った台詞

「知りもしない他人の言葉なんてどうだっていいわよ。あなたの言葉が聞きたいの」