羽休みに娯楽を

ラノベや漫画やアニメやら

変態王子と笑わない猫 2

変態王子と笑わない猫。2 (MF文庫J)

(あらすじ)

夏が終わる。十六歳のたった一度きりの夏が。いったいぼくは何をして過ごしたというのだろう?大いに焦る横寺陽人は、今日も今日とて空回り。月子に振られ、小豆に振られ、ポン太に振られ―自宅までも消滅した。なんで?どうして?どういうこと!?雷雨のなかにひとり、なにもかも喪って、どこに行くあてすらもない。「それなら先輩。今夜は、わたしの家に泊まるですか」「あ、うん。うん?」…夏の終わりの台風日和。最後の最後に、最高のホームランイベントが待っていた。風呂場の裸。縛られる布団。落ちる手錠。破られる衣服。そして―土蔵に潜む猫?早くも人気沸騰の爽やか系変態青春ラブコメ第二弾。バイバイ


 この作品独特というか、さがら総の地の文の恐ろしさよ。めちゃくちゃな言葉選びなのに、状況が坂から転がり落ちるようなのは才能か。

1巻の時も思ったが、この作品は1回読んだだけでは把握することは出来ないですね。人気である理由がなんとなくわかりました。

内容としては、筒隠姉妹が横寺兄弟(笑)に惚れたのは互いにちょろすぎる、遺伝かい?

そして、小豆梓が終始不憫だったんで、早く救って下さい。続きが楽しみ。