羽休みに娯楽を

ラノベや漫画やアニメやら

犬はどこだ

犬はどこだ (創元推理文庫)

犬はどこだ (創元推理文庫)


 米澤穂信先生の作品は古典部シリーズ以外だと初めて読んだ作品です。

読んでたら、古典部だけでなく、米澤先生の作品の文章は自分に合うなと思ったのは収穫です。


 内容は、犬捜しをしようと思って、調査事務所を設立した紺屋長一郎の元に、失踪人捜しと古文書の解読の依頼を頼まれてる。関係なさそうな2つに依頼が、調査を進めていくうちに、大きくうねり出す。


 読んでて心地よい文章で、物語が動き出すのは遅めだが、動き出したら止まらない魅力があった。

冷静な主人公と探偵気取りの後輩くんの対象的な面も見どころか。

読み始めて考えるラストと実際に読み終えて感じるラストは決定的な差があると思う。つまり、予想不能。二度読みしたくなる読後感で、作者の手のひらで転がされて、悔しいが、その時間が楽しかった。


 ミステリー読み慣れてない人にも楽しめると思う。興味を持った人は是非手にとってもらいたい作品。