羽休みに娯楽を

ラノベや漫画やアニメやら

春期限定いちごタルト事件

春期限定いちごタルト事件 (創元推理文庫)

春期限定いちごタルト事件 (創元推理文庫)


 米澤穂信先生の作品は古典部シリーズ、犬はどこだを読んでいて、小市民シリーズは一体どんな作品なのか、読んだ人の評価が高くて、気になっていました。

 読んでみたら、これまた、自分のセンサーが反応しました、今作は面白いぜと。

短編構成でサクサク読めて、程よく謎解きをする。そして、小市民になろうとする、小鳩、小山内さんの涙ぐましい努力は残念ながら、実りそうにないのも、読者には美味しいですねぇ。いつか、彼、彼女が目覚めている小市民になれればいいのですが。

なんか、こう、才能ある人が表に出ないよう裏に回ろうとするんだけど、状況が許さないっていう設定は一定の需要があると思うんですよねぇ。


 まだ1巻しか読んでないのに、完結まで読みたいと思う良い作品です。気になった人は試しに1巻を読んでみて下さい。日常系の話が好きなら惹かれる筈です!