羽休みに娯楽を

ラノベや漫画やアニメやら

ウォーター&ビスケットのテーマ2 夕日が笑顔を見せただけ

ウォーター&ビスケットのテーマ2 夕陽が笑顔にみせただけ (角川スニーカー文庫)


凄い文章量。濃い情報量、綿密な心理戦。

読み応え抜群の2巻でした。

ただ、読んでて、気力が持ってかれるから読むときは余裕があるときがおススメです。


1巻は割とライトノベル感あったけど、2巻からはライトノベルの枠組みから外れてきたかなと。

面白いんですけど、読まないと分からない典型ですかね。他作品のサクラダリセットや階段島もですけど、表紙やあらすじ読んだだけでは分からないような作りは個人的に好きで、商売的にはどうなのか気になる。


難しい内容になってきて、2巻にして、読者のふるい落としが始まりました。一体どれだけの読者が最終巻まで終えるかも興味深いですね。