羽休みに娯楽を

ラノベや漫画やアニメやら

2018 5月 読んだ本 読者メーターから

よく読めた。

仕事に慣れてきたから、これぐらいは、これからも読んでいきたい。


5月の読書メーター
読んだ本の数:35
読んだページ数:10387
ナイス数:616

ココロ・ファインダ (光文社文庫)ココロ・ファインダ (光文社文庫)感想
男子が入らない女子の、女子だけの物語は美しいなぁと。写真というのは惹きつけられる人には惹きつけられるんだと思った。
読了日:05月30日 著者:相沢 沙呼
青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない (電撃文庫)青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない (電撃文庫)感想
再読。何度読んでも序盤から膨らみ続けた風船が最後に破けるような展開で辛さしかない。これ読んだら次巻を読まないという選択肢は無い。
読了日:05月28日 著者:鴨志田一
ようこそ実力至上主義の教室へ8 (MF文庫J)ようこそ実力至上主義の教室へ8 (MF文庫J)感想
龍園編から南雲編に突入。龍園が良い"敵"だったから、正直、南雲が小物過ぎて盛り上がるか心配なところだが、続きが気になる。男子風呂の下りは絶対衣笠先生の趣味だろ。
読了日:05月27日 著者:衣笠彰梧
失はれる物語 (角川文庫)失はれる物語 (角川文庫)感想
乙一作品。短編毎に文章が様変わりしていて、一冊で得られる満足度が高い。作者の他作品も機会があれば読んでいきたい。
読了日:05月27日 著者:乙一
僕が七不思議になったわけ (メディアワークス文庫)僕が七不思議になったわけ (メディアワークス文庫)感想
この作品は素晴らしい。タイトル回収した時なんて、騙されたー!ってなって、青春もあり、見事にツボに入りました。青春好きにオススメです。
読了日:05月25日 著者:小川晴央
青春失格男と、ビタースイートキャット。 (ファンタジア文庫)青春失格男と、ビタースイートキャット。 (ファンタジア文庫)感想
こんな酷い作品は久しぶりだ。審査員さん、仕事して…
読了日:05月25日 著者:長友 一馬
嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん―幸せの背景は不幸 (電撃文庫)嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん―幸せの背景は不幸 (電撃文庫)感想
入間人間作品。文章に慣れようとするうちに読み終わってた。ちょっと不思議な作品だった。
読了日:05月24日 著者:入間 人間
変態王子と笑わない猫。9 (MF文庫J)変態王子と笑わない猫。9 (MF文庫J)感想
ループを上手く使ってたなぁ。どうやって落とし所に落とすのか気になる。
読了日:05月23日 著者:さがら総
ギャルゲヱの世界よ、ようこそ! (ファミ通文庫)ギャルゲヱの世界よ、ようこそ! (ファミ通文庫)感想
面白い設定だと思った。現実からゲームではなく、ゲームを現実に引っ張るとこうなると。序盤は退屈だが、途中からは主人公の熱に当てられて、面白くなった。この一冊でも十分な内容でした。
読了日:05月22日 著者:田尾 典丈
弱キャラ友崎くん Lv.6 (ガガガ文庫)弱キャラ友崎くん Lv.6 (ガガガ文庫)感想
久しぶりに穏やかな日常かと思いきや、日南の課題で、好きな人を選ぶことになった友崎。みなみか菊池さん、どっちを選ぶんだろう。次巻は物語の大きな分水嶺になるか。
読了日:05月21日 著者:屋久 ユウキ
《このラブコメがすごい!!》堂々の三位! (ガガガ文庫)《このラブコメがすごい!!》堂々の三位! (ガガガ文庫)感想
着眼点は良かったが、主人公の魅力があんまり無いのと、ヒロインが主人公に惚れる意味が分からなかったから、面白いとは言えないです。
読了日:05月21日 著者:飛田 雲之
ゲーマーズ!10 天道花憐と不意打ちアップデート (ファンタジア文庫)ゲーマーズ!10 天道花憐と不意打ちアップデート (ファンタジア文庫)感想
前巻あまりにも物語を蹂躙していった、真音さんだが、過去を知ったら憎めないなぁ。真音さんは景太が勘違いで得たものを正しく得られるようにする為に登場したのかなと思ったり。亜玖璃の苗字は不意を突かれた。まさか…… あの○○がねぇ。そろそろ終わりそうだが、景太達は一体どうなる?
読了日:05月20日 著者:葵 せきな
ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)感想
ベストセラーということで、恐る恐る読んだが案外普通に楽しめた。読んでて、文学少女シリーズが頭をよぎりました。続きはゆっくりと集めていこうかなと。
読了日:05月19日 著者:三上 延
さよなら妖精 (創元推理文庫)さよなら妖精 (創元推理文庫)感想
読み終えた後の苦さが凄い。途中から嫌な予感がしてたけど、終盤の種明かしを受け入れるには重すぎた。面白いんだけどね。
読了日:05月18日 著者:米澤 穂信
Just Because! Shallow focus Chapter5 Exposure valueJust Because! Shallow focus Chapter5 Exposure value感想
小宮は難しい恋をしてたんだよな。ひたすら瑛太の為に動いていて、そりゃ人気出るよ。
読了日:05月18日 著者:鴨志田一
ぼくたちの青春は覇権を取れない。 ‐昇陽高校アニメーション研究部・活動録‐ (電撃文庫)ぼくたちの青春は覇権を取れない。 ‐昇陽高校アニメーション研究部・活動録‐ (電撃文庫)感想
途中までは楽しく読めたけど、終盤のシリアス展開はうーん。女性キャラがみんな可愛いかったし、アニメの歴史は知らないことばかりで、へーって感じだった。
読了日:05月18日 著者:有象利路
こんな僕が荒川さんに告白ろうなんて、おこがましくてできません。 2 (講談社ラノベ文庫)こんな僕が荒川さんに告白ろうなんて、おこがましくてできません。 2 (講談社ラノベ文庫)感想
なんということだ、面白いぞ。1巻に負けず劣らずラブコメ群像劇してた。
読了日:05月16日 著者:清水 苺
1パーセントの教室2 (電撃文庫)1パーセントの教室2 (電撃文庫)感想
能力バトルはあくまで、スパイスであってほしい。この作者のキモは言葉の響きを上手く操ることにあると思うから、忘れないでもらいたいな。
読了日:05月16日 著者:松村 涼哉
ちょっぴり年上でも彼女にしてくれますか?~好きになったJKは27でした~ (GA文庫)ちょっぴり年上でも彼女にしてくれますか?~好きになったJKは27でした~ (GA文庫)感想
設定は少し尖がってるが、内容はピュアなラブコメで美味しくいただけます。真っ直ぐな恋を好きな人に是非。
読了日:05月15日 著者:望 公太
天才王子の赤字国家再生術~そうだ、売国しよう~ (GA文庫)天才王子の赤字国家再生術~そうだ、売国しよう~ (GA文庫)感想
前作が面白かったから読んだら、予想通り面白くて良い読書が出来ました。軽く読める戦記ですかね。戦記じゃないが。
読了日:05月14日 著者:鳥羽 徹
折れた竜骨 下 (創元推理文庫)折れた竜骨 下 (創元推理文庫)感想
下巻。やはりこの作者の種明かしは惹きつけられますね。犯人は予想通りでしたが、理由が好きでした。
読了日:05月13日 著者:米澤 穂信
卯月の雪のレター・レター (創元推理文庫)卯月の雪のレター・レター (創元推理文庫)感想
姉妹の葛藤を描いた小生意気リゲットが良かった。それ以外は特に印象に残らなかったなぁ。
読了日:05月12日 著者:相沢 沙呼
変態王子と笑わない猫。8 (MF文庫J)変態王子と笑わない猫。8 (MF文庫J)感想
遂に、横寺陽人の話に。
読了日:05月12日 著者:さがら 総
次回作にご期待下さい (角川文庫)次回作にご期待下さい (角川文庫)感想
1話、2話と物語が終わりに向かうにつれて熱くなる構成で、楽しく読めました。ただ、両話通じて固すぎるかなという印象も。読み終えたら、次回作にご期待下さいというタイトルが胸をつきます。
読了日:05月11日 著者:問乃 みさき
レジまでの推理: 本屋さんの名探偵 (光文社文庫)レジまでの推理: 本屋さんの名探偵 (光文社文庫)感想
本好きなら、一度は本屋で働きたいと思います。今作は、本屋でミステリーをやりつつ、本屋の現状を訴えてくる秀逸な作品です。
読了日:05月10日 著者:似鳥 鶏
折れた竜骨 上 (創元推理文庫)折れた竜骨 上 (創元推理文庫)感想
上巻は舞台設定やキャラクターを把握するので終わったから、下巻の種明かしを楽しみにしときます。
読了日:05月09日 著者:米澤 穂信
キノの旅 (7) the Beautiful World (電撃文庫)キノの旅 (7) the Beautiful World (電撃文庫)感想
迷惑な国、冬の話、嘘つき達の国、プロローグ、エピローグが素晴らしかったです。
読了日:05月08日 著者:時雨沢 恵一
いわゆる天使の文化祭 (創元推理文庫)いわゆる天使の文化祭 (創元推理文庫)感想
謎を追いかけてたからか、文化祭をあまり楽しんでなかったのは残念だが面白かった。毎度毎度のことだけど、仕掛けに気づけない笑
読了日:05月07日 著者:似鳥 鶏
変態王子と笑わない猫。(7) (MF文庫J)変態王子と笑わない猫。(7) (MF文庫J)感想
まいまいの可愛さね。月子と梓より… それは置いといて、陽人が悩んでるなぁ。
読了日:05月06日 著者:さがら 総
Hello,Hello and Hello (電撃文庫)Hello,Hello and Hello (電撃文庫)感想
うーむ。ぶーた先生の絵は良いなぁ。
読了日:05月06日 著者:葉月 文
ファイフステル・サーガ 再臨の魔王と聖女の傭兵団 (ファンタジア文庫)ファイフステル・サーガ 再臨の魔王と聖女の傭兵団 (ファンタジア文庫)感想
こういうの待ってた! 戦記物としてはかなり王道だけど、それ故に面白い。完結まで見届けたいと思う作品が出てきたな。
読了日:05月04日 著者:師走 トオル
ダンタリアンの書架8 (角川スニーカー文庫)ダンタリアンの書架8 (角川スニーカー文庫)感想
断章が無い!しかも最終巻だと⁉︎まぁ、随分楽しませてくれた作品なので良いかな。
読了日:05月03日 著者:三雲 岳斗
ダンタリアンの書架7 (角川スニーカー文庫)ダンタリアンの書架7 (角川スニーカー文庫)感想
ヒューイの過去。やっぱりダリアンとのコンビは最強だ。
読了日:05月02日 著者:三雲 岳斗
ホーンテッド・キャンパス 墓守は笑わない (角川ホラー文庫)ホーンテッド・キャンパス 墓守は笑わない (角川ホラー文庫)感想
安定してて、逆に不満だ。波乱な展開を求む。
読了日:05月02日 著者:櫛木 理宇
黄泉がえりの町で、君と (角川ホラー文庫)黄泉がえりの町で、君と (角川ホラー文庫)感想
この作者の作品はなんか好きなんだよな〜。青春とホラーの組み合わせは中々素敵です。
読了日:05月01日 著者:雪富 千晶紀

読書メーター