羽休みに娯楽を

ラノベや漫画やアニメやら

図書館戦争 図書館戦争シリーズ①

図書館戦争 図書館戦争シリーズ (1) (角川文庫)

図書館戦争 図書館戦争シリーズ (1) (角川文庫)


(内容)

2019年(正化31年)。公序良俗を乱す表現を取り締まる『メディア良化法』が成立して30年。高校時代に出会った、図書隊員を名乗る“王子様”の姿を追い求め、行き過ぎた検閲から本を守るための組織・図書隊に入隊した、一人の女の子がいた。名は笠原郁。不器用ながらも、愚直に頑張るその情熱が認められ、エリート部隊・図書特殊部隊に配属されることになったが…!?番外編も収録した本と恋の極上エンタテインメント、スタート。

(感想)

有川浩作品。有名作。

知り合いが、有川浩の作品良いよって言ってて、じゃあ手を出すかと思い、今作に手を出しました。

思ったことは、エンターテイメントを分かっているなと。念密な設定の中、登場人物が息をしているかのような活力を感じられて、読み応えばっちりです。

熱血バカの笠原郁と堂上篤のけんか腰の応酬が堪らなく面白いし、互いに噛み合わないのが良いバランスになっている。脇を固める、人物達も魅力的でした。


本の表現を規制する側と本を守る側の戦争。本を好きな人なら、読んで損はないかと。


続きも読みます!