羽休みに娯楽を

ラノベや漫画やアニメやら

何が困るかって


坂木司ワールド全開の短編集。

次から次へと繰り出される話がどれも、短いから書くの難しいだろうがどれも不気味な魅力があって、良かった。


時間の合間に読むのが理想かもしれない。



表題作の何が困るかっては1番最後ではなく、終盤の隙間に入っていて、意表を突かれた。しかも内容が予想してたのとは違う方向性でした。だが、1番心に残る話でした。



短編集なので、サクサク読めるので推しますね。