羽休みに娯楽を

ラノベや漫画やアニメやら

君の話

君の話

君の話


(内容)

二十歳の夏、僕は一度も出会ったことのない女の子と再会した。架空の青春時代、架空の夏、架空の幼馴染。夏凪灯花は記憶改変技術によって僕の脳に植えつけられた“義憶”の中だけの存在であり、実在しない人物のはずだった。「君は、色んなことを忘れてるんだよ」と彼女は寂しげに笑う。「でもね、それは多分、忘れる必要があったからなの」これは恋の話だ。その恋は、出会う前から続いていて、始まる前に終わっていた。


(感想)

自分は恋する寄生虫から三秋縋先生の作品に入ったので、初めて三秋作品の新作を待ちました。


久しぶりの三秋先生の新作は、今までの作品で1番優しい話だったように思います。

嘘が本物に勝る話はとても好きなので、この作品のように優しく嘘を投げかけるのが堪らない魅力になってます。愛が嘘とか悲しいけど、嬉しくもあります。



メディアワークス以外からの出版で、なんか変わるのかなと思いましたが、大きくは変わってなくて安心しました。単行本で少し値段は高いかもしれないが、読み応えある作品でした。

三秋先生の今後の作品を楽しみにしたいと思ってます。