羽休みに娯楽を

ラノベや漫画やアニメやら

ジャナ研の憂鬱な事件簿4

ジャナ研の憂鬱な事件簿 (4) (ガガガ文庫)

ジャナ研の憂鬱な事件簿 (4) (ガガガ文庫)

(内容)

海新高校ジャーナリズム研究会の啓介と真冬。互いに意識しつつも、大きな進展はないままだった。ある日、ジャナ研の面々は介護施設を訪問することに。そこには、身元不明の入居者がいた。真冬の勧めで、卓越した推理力を他人のために活かすことを考え始めた啓介。だが、思いがけず苦い真実に行きつき、その公表を巡って真冬とぎくしゃくしてしまう。そんなとき、ユリが事故に遭い―(「スウィート・マイ・ホーム」)。甘くも憂い青春を切り取った「金魚はどこだ?」「ジュリエットの亡霊」など三つの短編を収録。


(感想)

今回は嘘と建前がテーマかな。優しさからつく嘘や本心からつくものではない嘘などが話に混じっていて、読んでて考えさせられました。



そして、中盤で啓介と真冬の本心から出た意見がぶつかりあったのは、起こるべくして起こったことだと思う。

考え方が違いすぎていて、いつかはと思ってたが、いざ、ぶつかりあったら、真冬の意見が薄ら寒いものがあるな。自分が強いから、その強さを他の人にも強いるのは暴力だよ。




ユカの問題や真冬とのすれ違いなど、物語の展開的に締めに向かってるのかな?



次巻が気になります!