羽休みに娯楽を

ラノベや漫画やアニメやら

小説の神様 あなたを読む物語(上)


まさかの続編ということで、驚きながらも、嬉しくて、るんるんと軽く読んだら痛い目に合いました笑 やっぱりそうだよね、この作品は「痛く、重く、響く、」んだよ。

前作を読んでいなくても問題無いけど、読んでから今作を読むのがいいかな。


(内容)

もう続きは書かないかもしれない。合作小説の続編に挑んでいた売れない高校生作家の一也は、共作相手の小余綾が漏らした言葉の真意を測りかねていた。彼女が求める続刊の意義とは…。その頃、文芸部の後輩成瀬は、物語を綴るきっかけとなった友人と苦い再会を果たす。二人を結びつけた本の力は失われたのか。物語に価値はあるのか?本を愛するあなたのための青春小説。

(感想)

前作から数年経ったが、登場人物には関係ない。千谷と小余綾が合同小説の続編を書くにあたり、ぶつかる、続巻の意義。そして、成瀬が過去の友人と出会い、突きつけられる、物語の価値。上巻だと思って軽く読んだら、痛い目に合いますよ。


確かに、たまになんで続くんだろうと思う作品はありますが、作者はどう思っているのか知りたいなと思いました。

それと、物語を読んで心を動かされて、現実に活かせるかといったらそうでないよなぁと。中々鋭い指摘があり、読者である自分に突き刺さりましたね。

海賊版サイトの問題も題材になっていましたが、現実は辛いね… やっぱり、生で手にとって読むのが一番だと思いますよ!

その他、売れるコツとか色々ありました。


ページ数の割に濃い内容で、相沢沙呼先生の物語への愛情や探究心を感じました。

下巻で、千谷、小余綾、成瀬、それぞれがどんな結論を出すのか、非常に楽しみです。




物語を愛する人へ届いてほしい作品です。