羽休みに娯楽を

ラノベや漫画やアニメやら

王とサーカス


待ちに待った文庫版。さよなら妖精読んで、心掴まれた私は調べた。そしたら、ベルーフシリーズという形になっているらしい。さよなら妖精の登場人物である、太刀洗万智が記者として様々な事件を調べる物語になっている、「王とサーカス」「真実の10メートル手前」が単行本では出ていたが文庫はまだみたいだった。

文庫化は「真実の10メートル手前」が先だった。だが読むのは「王とサーカス」が先の方が良いと聞いていたので、「王とサーカス」の文庫版を心から楽しみにしていたーーー


(内容)

海外旅行特集の仕事を受け、太刀洗万智はネパールに向かった。現地で知り合った少年にガイドを頼み、穏やかな時間を過ごそうとしていた矢先、王宮で国王殺害事件が勃発する。太刀洗は早速取材を開始したが、そんな彼女を嘲笑うかのように、彼女の前にはひとつの死体が転がり…2001年に実際に起きた王宮事件を取り込んで描いた壮大なフィクション、米澤ミステリの記念碑的傑作。


(感想)

待ったかいがありました!

分厚い一冊で、状況把握に追われて必死に読んでいくうちに読み終えました。

物語がゆっくり進んでいく中、途中違和感を感じたが、その正体を掴めないまま、太刀洗の国王殺害事件の調査が行われていき、中盤に死体が出てくる。その死体を取り囲む状況を把握し解決していく太刀洗の手腕は見事でした。

物語は終盤になり、大きく動き、明かされる真実は酷く悲しいものでしたが、太刀洗は正面から真実に向き合う、大きな経験をしたんだなと。


ジャーナリズムって一朝一夕では生まれないよな。

情報の発信は難しいなと心から思いました。報道や週刊誌や新聞の見方が変わりますね、やはり、頭は使わないといけませんね。



馬鹿だけど愚か者にはなりたくないものです。