羽休みに娯楽を

ラノベや漫画やアニメやら

七つの魔剣が支配する

(内容)

春―。名門キンバリー魔法学校に、今年も新入生がやってくる。黒いローブを身に纏い、腰に白杖と杖剣を一振りずつ。胸には誇りと使命を秘めて。そんな魔法使いの卵たちを迎えるのは、桜の舞う満開街道と魔法生物たちのパレード。が、希望に胸躍らせるのも束の間。キンバリーの孕む数々の脅威が彼らに襲い掛かる。気まぐれに生徒を飲み込む地下迷宮、怪物じみた上級生たち、亜人種の人権を巡る派閥の対立―。そんな魔境を仲間と生き抜く中、オリバーは一人の少女と縁を結ぶ。腰に日本刀を提げたサムライ少女―ナナオ。二人の魔剣を巡る物語が、今、始まる。

(感想)

アルデラミンが好きで、こちらの新作も読みました。

戦記の次は魔法学校か。一体、どんな作品かなと手探りで読み進めていきました。

序盤から中盤にかけて、キャラ紹介や世界観を描いていて、1巻としては理想的な流れでした。ただ、中盤まで読んだときは良作の範囲を出ないなと思いました。ちょっと、物足りないなと思ってたら、終盤に見せた狂気で、この作品は良作ではなく名作になるなと確信を得ました。

文章もキャラも展開も全てが好みに刺さりました。是非、シリーズとして、最後まで書ききってもらいたいです!


正直、イクタ・ソロークの影を追っていたんですけど、杞憂でした。



この作品はオリバーの物語だ。