羽休みに娯楽を

ラノベや漫画やアニメやら

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。4

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。4 (ガガガ文庫)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。4 (ガガガ文庫)

(内容)

夏休み。誰とも会わず、遊ばず、働かず。一人悠々自適な生活を送る八幡だが、平塚先生から招集がかかり、奉仕部として雪乃や結衣たちとともにキャンプ場でのボランティアを強制される。しかし、なぜかそこにいたのは葉山、三浦などの「リア充」組。強制的に発動された青春っぽいイベントに、八幡たちはどう立ち向かう?水着に花火に肝試し、キャンプの夜の会話、そして風呂…?「みんな仲良く」なんてできるわけがない!?夏は、ぼっちにとって忌避すべき危険がいっぱい。相変わらずひねくれ、間違い続ける青春、第四弾。

(感想)

「みんな」それはあらゆる時に使われる言葉。みんながやってるから、みんなに外される、みんなに、みんなに、みんなに。

嫌な問題だなと思う。渡航先生の解釈が残酷なほど正確に的を射ていた。

ラノベだけど、深いなぁと思いました。


八幡や雪乃の考えは高校生にしては大人びてる気がするけど、二人が大人になったら、どんな大人になるのか気になります。



高校生の時に読んだ時より、違う解釈が出来ました。続きを読み返すのが楽しみです。