羽休みに娯楽を

ラノベや漫画やアニメやら

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる10

(内容)

「鋭太。女はね、時には本当に思ってることと逆さまのことをやるんだ」 
医学部推薦のため、生徒会長に立候補した鋭太に対し、真涼も立候補する。 
しかも掲げた公約は「恋愛禁止」!? 
恋愛アンチの本性を剥き出しにした真涼に、ハーレムを目指す鋭太はどう立ち向かうのか? 
決着は一対一の公開討論に委ねられ――。 
いっぽう、千和の愛読書であるモテカワ雑誌「パチレモン」にも異変が? さらに鋭太の伯母・冴子さんにも、大問題が持ち上がる!! 激動の時を迎える自演乙。かつてない危機を乗り越えるため、銀色の悪魔を屈服させよ! 
裕時悠示×るろおが贈る、甘修羅らぶ×らぶコメディ第10弾! 


(感想)

生徒会選挙あっさり決着。

まぁ、重要なところじゃないから良いか。大事なところは過程だよね。

鋭太と真涼が選挙活動を通して、ぶつかり合うことで、自分をさらけ出しあってて、付き合っていた頃よりは分かり合えてきたように思う。腹を割って話すことで、関係も治ることもあるよね。


鋭太の進路の話はラノベっていうか、その他にジャンルでも、主人公の進路をここまで具体的に書くって珍しいと思う。新鮮な感じがする。


次巻のパチレモン復活が楽しみです。