羽休みに娯楽を

ラノベや漫画やアニメやら

青春ブタ野郎はランドセルガールの夢を見ない

(内容)

三月に入って、三学期も残り1ヶ月。いよいよ迎えた麻衣の卒業式当日。「おじさん、だぁれ」七里ヶ浜の海岸で麻衣を待っていた咲太の目の前に、子役時代の麻衣にそっくりな小学生が現れて!?一方、花楓の一件以来、別々に暮らしていた咲太の父親から電話が…。「母さんのことなんだが、花楓に会いたいと言っててな」それは、花楓に起きた出来事を受け止めきれず、長いこと入院していた母親から届いた「会いたい」という願い…。家族の絆、新たなる思春期症候群の前触れ―急展開をみせるシリーズ第9弾!

(感想)  

青春ブタ野郎シリーズ、第9巻。

あらすじを見て、花楓と母親の関係修復かと思ったら、そこは問題ではなく、咲太にいくとは思わなかった。ずっと1巻から咲太は誰かの悩みに関わってきて、いつのまにか、咲太は大丈夫。そんな思い込みをしていたのではないか。咲太だって、まだ高校生、力が及ばず見逃すこともある。その見逃してたこと、見えなくなってたことに改めて向き合うことになる。

 

咲太の立場を考えたら辛い。

1人で、花楓を支えて、家事をやる。どれだけ大変だったか。親に対して何を思っても良いかもしれない。ただ、家族をやり直すならば避けては通れない話だ。

でも、咲太には麻衣さんがいる。

もう、咲太と麻衣さんは壊れない仲になったように思う。だから大丈夫。

 

これで高校生編は終わり、次は大学生編に入るが、まだ気になっている部分があるので期待したい。

 

 

そして、アニメの成功を祈ってます。