羽休みに娯楽を

ラノベや漫画やアニメやら

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。6.5

 

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。6.5 (ガガガ文庫)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。6.5 (ガガガ文庫)

 

 

(内容)

文化祭が終わった直後。「体育祭を盛り上げたい」という生徒会長・城廻めぐりの依頼を奉仕部として手伝うことになった八幡や雪乃たちだが、そもそも体育祭実行委員長も決まっていない。そこで担ぎ上げられたのは、文化祭でも実行委員長を務めた、あの相模南だった…。TVアニメシリーズで著者自らが脚本を手がけた番外編「だから、彼らの祭りは終わらない。」を元にした特典小説を文庫本用にディレクターズカットし、再構成。ドラマCD付き特装版で音声収録された9巻直後のクリスマスパーティーのエピソードの小説版も加えて収録。

 

(感想)

体育祭回。

なんか本編の箸休めみたいな話でゆっくり楽しめるかと思いきや、また相模がやらかす。

まぁ、相模がここで少しでも挽回しないと救いようもないキャラになっちゃうから、仕方ないね。今巻読んだら、超うざキャラからちょいうざぐらいに印象変わる。まぁ、普通になられても困るけど。

雪乃とかの相模にやり直すチャンスを与える考えに対し八幡の人間はそんな簡単に変わらないって考えを持っていたんだけど、個人的には八幡の考えに賛同したいかな。そんなほいほい人は変われないって、表面は変われるかもしれないが、本質的には変われないよって思っちゃう。

 

話を変えるが、八幡と雪乃が文化祭を機に呼吸が合うようになってきたな。結衣もか。

さて、次は修学旅行か…

 

 

クリスマスのボーナスラックとドラマCDは9巻を読んだらまた手を出します。