羽休みに娯楽を

ラノベや漫画やアニメやら

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。7

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。7 (ガガガ文庫)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。7 (ガガガ文庫)

(内容)

京都への修学旅行を前に、どこか浮き足立つクラスの雰囲気。文化祭以来、教室内でさらに微妙な立ち位置になった八幡だったが、最初から地位なんてないようなもんだしな、と我関せず。ところが、奉仕部に持ちかけられた意外な人物からの「恋の相談」。そこにはまた別の人物の思惑も重なって…。旅行は一気に波乱の予感。複雑な気持ちが渦巻き、答えを出せないまま八幡たちは京都へ。まちがっている青春模様は、まちがっているラゴフメ=恋愛模様を生み出すのか。TVアニメ化を直前にさらに盛り上がりを見せるシリーズ第7弾。


(感想)

何度読んでも、アニメで見ていても、この修学旅行回はモヤモヤするなぁ。

八幡が出した答えに文句はつけないみたいな態度を示しておきながら、否定する雪乃と結衣がどうしても受け入れがたい。

奉仕部として時間を過ごしてきて、八幡がどういう人間が多少は分かってるだろうし、なんか理由があると考えられないんだろうか。この巻は非常に消化不良を起こすな。


攻めるべきは葉山や三浦や海老名だと思うんだが、それは勝手過ぎるか…



青春ラブコメは難しいな。