羽休みに娯楽を

ラノベや漫画やアニメやら

閻魔堂沙羅の推理奇譚

 

閻魔堂沙羅の推理奇譚 (講談社タイガ)

閻魔堂沙羅の推理奇譚 (講談社タイガ)

 

 

(内容)

俺を殺した犯人は誰だ?現世に未練を残した人間の前に現われる閻魔大王の娘―沙羅。赤いマントをまとった美少女は、生き返りたいという人間の願いに応じて、あるゲームを持ちかける。自分の命を奪った殺人犯を推理することができれば蘇り、わからなければ地獄行き。犯人特定の鍵は、死ぬ寸前の僅かな記憶と己の頭脳のみ。生と死を賭けた霊界の推理ゲームが幕を開ける―。

(感想)

面白かった。

死んだ人が自分を殺した人を突き止めて、生き返り、更生するという題材を短編で繋ぎ合せた一冊です。ちなみにミスったら地獄行きです。

 

読み始めはあれ?合わないかもと思ったが杞憂でした。なぜならネタバレですが、誰も推理をしくじらないからです。最初はこれ、当てられないだろと思って、胸糞悪くなるのかなと不安でしたが、今巻は1巻目だからか、全員当てます(言っていいのか)

なので、安心して読めると思います。ただ、続いていくうえでは地獄に落ちる人も出てくるかもしれません。そこは仕方ないのかなと。

 

中途半端、ネガティヴ、おばあちゃん、ヤンキーが出てきましたが、次巻はどんな人が出てくるのか楽しみです。

 

死を目の前にした人は強いとは、このことだなと改めて思いました。

非常に巧みな文章、構成、テンポで読ませていただきました。

 

ご馳走さまでした。