羽休みに娯楽を

ラノベや漫画やアニメやら

和菓子のアン

和菓子のアン (光文社文庫)

和菓子のアン (光文社文庫)

(内容)

デパ地下の和菓子店「みつ屋」で働き始めた梅本杏子(通称アンちゃん)は、ちょっぴり(?)太めの十八歳。プロフェッショナルだけど個性的すぎる店長や同僚に囲まれる日々の中、歴史と遊び心に満ちた和菓子の奥深い魅力に目覚めていく。謎めいたお客さんたちの言動に秘められた意外な真相とは?読めば思わず和菓子屋さんに走りたくなる、美味しいお仕事ミステリー。

(感想)

和菓子の良さを分かりやすく書かれていて、文章読むだけで涎が出てきそうだった。

デパ地下を舞台に、お仕事ミステリーを展開していて、安定の面白さだった。主人公のアンの成長物語としても楽しめるので、良かったです。


他作品のこともほんのちょっとだけ、触れられていて、坂木司先生のファンは嬉しいでしょう。


続きを楽しみにしてます。