羽休みに娯楽を

ラノベや漫画やアニメやら

三日間の幸福

(内容)

どうやら俺の人生には、今後何一つ良いことがないらしい。寿命の“査定価格”が一年につき一万円ぽっちだったのは、そのせいだ。未来を悲観して寿命の大半を売り払った俺は、僅かな余生で幸せを掴もうと躍起になるが、何をやっても裏目に出る。空回りし続ける俺を醒めた目で見つめる、「監視員」のミヤギ。彼女の為に生きることこそが一番の幸せなのだと気付く頃には、俺の寿命は二か月を切っていた。


(感想)

何度読んでも、この作品は味わえる。

最初読んだ時はただただ、最後の幸福を手に入れるところで感動した。2回目になると、そこにいたるまでにクスノキが何を考え、悩み、苦しみんでいたかに深く考えさせられた。

普段は見て見ぬ振りをしている、自分の価値と向き合うのは辛い。だが、いつまでも目を逸らしちゃいけない。向き合う心の強さが欲しい。


作者は命の価値とか愛とか考えてないと、あとがきに書かれていたが、読む側は意識しちゃうよ。それだけ、魅力的な作品だったから…


さて、小説だけでなく、漫画もあります。忠実に原作をなぞっていくので、こちらもオススメです。

寿命を買い取ってもらった。一年につき、一万円で。 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

寿命を買い取ってもらった。一年につき、一万円で。 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

寿命を買い取ってもらった。一年につき、一万円で。 2 (ジャンプコミックスDIGITAL)

寿命を買い取ってもらった。一年につき、一万円で。 2 (ジャンプコミックスDIGITAL)