羽休みに娯楽を

ラノベや漫画やアニメやら

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる12

(内容)

二学期早々。ヒメが他校の男子にコクられたという噂が流れる。自分でも驚くほど動揺する鋭太。コミケでのコスプレがwebで拡散され、ヒメは一躍スターになってしまったのだ。真涼はこの機を逃さず、ヒメをパチレモンの看板とすべく学校中を巻き込んで暗躍する。一方、生徒会長になった鋭太は修学旅行の行き先で割れる校内をまとめるため奔走。折しも迫る学園祭、ヒメは真涼プロデュースでかぐや姫を演じることに。このままヒメは遠い存在になってしまうのか?葛藤する鋭太に、カオルが衝撃的な告白をする―。裕時悠示×るろおが贈る、甘修羅らぶコメ第12弾!


(感想)

乙女の会で唯一地味な感じだった、ヒメがコミケのコスプレ姿がきっかけでブレイクするなんて予想してなかったけど、メンバーの中で1番良い子であることを考えると中身にあった、外見になってきたんだろう。

以前からヒメの良さを知っていた、鋭太が嫉妬に狂うのも頷けるし、唯一恋愛感情を向けちゃうのも納得出来る。


今巻で納得出来ないのは真涼が自分の父親を見返すためとはいえ、ヒメを道具みたいに扱っていたのが気にくわない。でも、最後にヒメがずっと持っていた、偽恋人だったことを暴露しろと切ってきて、スカッとした。ヒメ可愛いぃぃぃぃ!


あと、現代ラブコメでハーレムを目指したら、そら白い目で見られるし理解されないよなーと。だが、鋭太の揺れない心に痺れた。


続きが気になる!