羽休みに娯楽を

ラノベや漫画やアニメやら

儚い羊たちの祝宴

儚い羊たちの祝宴 (新潮文庫)

儚い羊たちの祝宴 (新潮文庫)

(内容)

夢想家のお嬢様たちが集う読書サークル「バベルの会」。夏合宿の二日前、会員の丹山吹子の屋敷で惨劇が起こる。翌年も翌々年も同日に吹子の近親者が殺害され、四年目にはさらに凄惨な事件が。優雅な「バベルの会」をめぐる邪悪な五つの事件。甘美なまでの語り口が、ともすれば暗い微笑を誘い、最後に明かされる残酷なまでの真実が、脳髄を冷たく痺れさせる。米澤流暗黒ミステリの真骨頂。


(感想)

本当に米澤先生は黒い話を書くのが上手いなと改めて思いました。ただ、黒い話を書くのではなくて、少女達がどのような想いで、どのように動いて、何を望むのかが、各話の最後に書かれていて、黒いのに楽しめる話になっています。解説にも書かれている、黒い笑いが出ます。



各話様々な形で少女達が狂っていて、でも生きている。生きている。良い話は必ずしも幸せから生まれるのではないと感じました。


あと、自分が暗い話でも楽しめるかもしれませんが、暗い話が苦手な人にも読んでもらいたい。


それと、短編集だと、どれか一つ飛び抜けて好きな話だったり、合わない話があると思うのですが、この作品ではどれも甲乙つけがたいです。


良い読書が出来ました。