羽休みに娯楽を

ラノベや漫画やアニメやら

錆喰いビスコ

錆喰いビスコ (電撃文庫)


以前から面白そうだと思ってたが、絵や物語が自分に合うのか分からず、読めませんでした。ただ、このラノダブル1位、ということで1巻は読んでみようと思いました。


読んでみたら、ビスコとミロの熱い旅でした。次々と現れる敵を撃破しながら進むので、もう少し1回1回の戦闘を比率を高めても良いかな。あと、最後の戦闘は超次元過ぎて、それまでの戦闘を軽くしてしまう気も。まぁ、全体的には楽しめました。


ビスコに引っ張られる形でミロも熱く強くなっていき、終盤の展開を盛り立てていて、男と男の友情は熱いですね。

ビスコ、ミロ以外にもパウー、チロル、ジャビ、アクタガワが良いキャラしてて、ご馳走さま。


手に汗握る展開が続き、気が緩むことなく最後まで駆け抜けました。そのおかげが読み終え後は心地の良い疲労感が得られました。



癖が強い作品ですが、ハマればたまりません。