羽休みに娯楽を

ラノベや漫画やアニメやら

きゃくほんかのセリフ!

きゃくほんかのセリフ! (ガガガ文庫)


脚本家・ますもとたくや先生が脚本家を題材にした小説を出すということで、気になっていた作品です。

脚本家という仕事の大変さや理不尽さをコミカルに書いて、柔らかめにして。やりがいや達成感を感動的にして、物語のフィニッシュを爽快にしてました。


主人公の竹田が様々な無理難題を押し付けられながらも、旧友の妹の佐江に支えられながら、理想の脚本を導き出していく物語は良かった。現実はこんな上手くいかないんだろうけど、小説なら救われるほうが良い。



良作でした。