羽休みに娯楽を

ラノベや漫画やアニメやら

ふあゆ

ふあゆ (ガガガ文庫)


衝撃作。発売された時になんとなく買って読んだら、やみつきになったのは忘れられません。自我と認識という確かなテーマを持って書かれているので、しっかりとしたストーリーラインが構築されています。おかげで途中にダレることなく最後まで突っ走っていきました。

そして、コミカルな会話と気持ちよく開き直った性格を持っている、主人公・ツクシがあまり見かけない主人公像で面白かったし、思い切った行動をするので、素直に好きになりました。


お話としては残酷な部分を含んでいますが、読み終えた後は不思議なぐらいスッキリ出来ます。


自分は誰だ?あなたは誰だ?自我と認識は大切。これ、テスト出ます。