羽休みに娯楽を

ラノベや漫画やアニメやら

よるのばけもの

よるのばけもの (双葉文庫)


単行本で読んでたが、文庫版の表紙に惹かれ読みました。

1度読んだ時よりもより作品の命題に気づけたし、最後の引きをよりよく感じられました。1度目はあっけないなと感じてしまい、あまり良い印象を持てなかったんですけど、主人公・あっちーの苦しみが分かったら一変しました。一見、あっけなく感じてしまうかもしれないが、過程をよく読んだら最後の引きに感動しました。


この作品は普通という縛りから抜け出し、あっちーと矢野が"出会う"物語なんだ。


みんなはよるのばけものを飼ってしまってないか?そういうときは普通から抜け出してみよう。そうすれば違う景色が見えるはずだ。