羽休みに娯楽を

ラノベや漫画やアニメやら

やがて君になる(7)

遂に侑と燈子が離れていく…

側から見ればお似合いなんだけど、心が追いつかないもどかしさや葛藤が渦巻いてる。


そんなこんなで沙弥香のターン。

修学旅行で告白。

想いは報われなかったが、燈子の好きを引きずり出せたのは沙弥香だけなんだよなぁ。凄い画力と言葉のセンスで、作中屈指の名場面になった。


そして最後に侑と燈子は走りだす、気持ちをぶつけ合うために。


次巻で最終巻なのが非常に残念だが、楽しみです。


どんな結末を迎えるんだろう。