羽休みに娯楽を

ラノベや漫画やアニメやら

破滅の刑死者 内閣情報調査室「特務捜査」部門CIRO-S

破滅の刑死者 内閣情報調査室「特務捜査」部門CIRO-S (メディアワークス文庫)


帯や推薦文で推されていて読んでみたが、あまり期待し過ぎるといけないなと。普通に面白いんだけど、無理に期待を煽る宣伝によって損するかも。


犯罪異能力者を捕まえるために、狂った正気を持つ主人公・トウヤと相棒・珠子がタッグを組む。

トウヤの軽い感じのキャラが嫌じゃなければ物語を楽しめるかな。トウヤと珠子の過去が明かされ、事件も解決し、万事解決。巻き込まれて始まった物語だけど、読み終えてみると予定調和みたいな感じに綺麗にまとまっているのになんだがもどかしい感じがある。

ただ、心理面の駆け引きや感情の動きを書くのが上手だから良いかなという気分になる。


始まりの1巻としては申し分ない内容でした。シリーズ化するのかな?するなら読んでみたいし、トウヤと珠子のこれからが気になる。