羽休みに娯楽を

ラノベや漫画やアニメやら

行きたくない

行きたくない (角川文庫)

住野よる先生が宣伝してて目に入り、購入。

知ってる作家は住野よる先生と渡辺優先生しか知らなかったんですが、満足です。

知らない作家だと、小嶋陽太郎先生、奥田亜希子先生のが良かったですかね。

だけど、やっぱり知ってる作家の2人の作品に気持ちが動きます。他作品を知ってるから、こんな引き出しがあるんだなと感じられれるのが良いんですよ。


6人の作家の中で1番好きなのは、渡辺優先生のピンポンツリースポンジですね。

ロボがエラーでも危険予知でもなく、ただ行きたくないって言うの萌えませんか?僕は萌えました。話のオチも秀逸で、この話だけでもこの本を買って良かったと思いました。



行きたくないということをテーマに、6人の作家が持ち味を発揮していました。気になる方は是非。