羽休みに娯楽を

ラノベや漫画やアニメやら

雨の降る日は学校に行かない

雨の降る日は学校に行かない (集英社文庫)


自分が相沢沙呼先生の作品にハマったきっかけの作品です。久しぶりに読み返しましたが、改めて名作だと思いました。


女子中学生達の悩みや苦しみが詰まった短編集で、1話1話の密度が凄いです。どの話も鬱になりそうな状況ながら、最後は救いに近づくのが素敵です。全話圧倒的に苦しみが多いです。だからこそ、彼女達の足掻き、行動に胸を打たれます。

学校に行けない。ではなく、学校に行かない。これが大事。別に全員が同じではなくて良いんだから、自分の個性だと思って、世の中の理不尽と戦えばいいんだと思う。大切なことを教えてくれる作品です。



中高生や学生時代に悩みを抱えてた人に読んでもらいたい作品です。