羽休みに娯楽を

ラノベが多めで、キャラ文芸、漫画、アニメ、映画など娯楽でおすすめしたいことを書いてます。良かったら見ていってください!

ようこそ実力至上主義の教室へ2

ようこそ実力至上主義の教室へ (2) (MF文庫J)


まだまだ試運転な感じがある第2巻。表紙の美少女は誰だ?二重の意味で

櫛田は清隆との距離を探っていて、読み返してみると意味深な台詞も言っていたが回収されてないな。

佐倉ちゃんに関しては今回の須藤の暴力事件の解決の鍵を握っていたし、人見知りな彼女が協力するまでの間の清隆のフォローが良かったから、勇気を出せたね。ストーカーに関しては清隆のファインプレーで阻止。そりゃ佐倉ちゃんは清隆に惚れるわな。


堀北は大人しめな様子だったが、清隆に誘われずジト目になるのが何度読んでも可愛い。

最後に堀北も清隆の正体に薄々感づいたか。

流石に見過ごせないよな。


須藤に関してはDクラスを追い詰めるのに都合のいい存在だからかなと思うと、うん。


あと、一ノ瀬とのパイプを持つことが出来たのは大きい。このときは一ノ瀬に裏があると思ってたが…