羽休みに娯楽を

ラノベが多めで、キャラ文芸、漫画、アニメ、映画など娯楽でおすすめしたいことを書いてます。良かったら見ていってください!

架見崎を回す香屋 さよならの言い方なんて知らない。2

さよならの言い方なんて知らない。2 (新潮文庫nex)


本格的に香屋、秋穂が架見崎の戦争に挑む第2巻。

とても厚く、ボリュームのある一冊になっているが、内容が読ませるものになっていて端から端まで、食いつくように読みました。

香屋の臆病で用意周到なところに孕んでる危険性は確かに、怖いなと思いました。全ては香屋が思い描く結末のとおりに多くの人を動かしているのは、末恐ろしです。それがどう転ぶのか心配です。

秋穂は自分をよく理解していて、香屋、トーマに対して抱いてる、様々な気持ちや歯痒いところにとても人間味を感じて、秋穂が活躍するところが見たくなりました。

トーマは完璧そうに見えて、弱点があるのが、香屋のフォローがあるからか、弱さにならずに済んでいるのがなんか狡い。笑



架見崎の最強な男や裏で動いている人、ここからどうなるのか楽しみです。



架見崎を回すのは香屋なんですね。