羽休みに娯楽を

ラノベが多めで、キャラ文芸、漫画、アニメ、映画など娯楽でおすすめしたいことを書いてます。良かったら見ていってください!

灰と幻想のグリムガル level.14+ 相変わらずではいられない

灰と幻想のグリムガル level.14+ 相変わらずではいられない (オーバーラップ文庫)

 

短編集。円盤を集めていなかったので、ありがたい。

本編が過酷な状況なので、初期の雰囲気だけでも癒されるというか浸れました。

ゴブリン退治した頃のジタバタした感じが好きなんですよね。

ユメ、シホルがギルドの師匠と出会ったエピソードはなんか微笑ましいです。

ユメと師匠の関係は師匠に同情してしまう笑

ユメの自由奔放で掴めないから教えるのは大変だろうが、師匠にとってはためになったんじゃないかな。

シホルはすけべな老師でセクハラが絶えないが、こういう柔らかい人じゃないと内気なシホルも耐えらなかったのでは?次に会う時はあるんだろうか。

 

さて、マナト。

ハルヒロ視点だとなんでハルヒロ達の仲間になってくれたのか、ハルヒロにアドバイスを投げなかったのかが気になってましたが、マナト視点の話を読むと解消されました。結末の悲しさが増しましたが…

マナトはなんでも出来たから、レイジの仲間にもなれただろうが、ハルヒロ達のリーダーに落ち着いていたのは本人も気づかないうちに居心地の良い場所にいたからか。

裏の顔を持っていて、ハルヒロ達と距離を感じていたが、なんとなくここにいたら自分の為にっていたから、もっと生きていたかったよな。

最初は仕方なくだったが気づけば…

気づくのが遅かったのは切ない。

もっと生きていたらハルヒロとは深い仲になれたのを思うと、もしもというのを考えてしまうがグリムガルはそんな甘くない。

 

そして、ランタ。

ハルヒロ達と別れた後に成長していて、カッコよくなってることに驚き。

ランタの頭に浮かんだのはユメかな。

ランタはハルヒロ達と合流出来るのだろうか。

 

ハルヒロたちが他界パラノへと迷い込んでいた時、グリムガルではとてつもない異変が起きようとしていた…。激動する世界で、その男は仮面の奥に素顔を隠し、独りオルタナを目指す―。「オレは、オレの心に従ってるか…?だったら、何の問題もねえ」旅を続けるランタの悪戦苦闘を描いた書き下ろしエピソード『仮面有情』。そして、志半ばで死んだ見習い義勇兵・マナトの想いを綴る『お願いだから、あと少しだけ』、シホルとユメがギルドで出会った師匠たちとの交流を描く『今日はおやすみ』など、TVアニメ用特典小説も併せて全4エピソードを収録!

探偵くんと鋭い山田さん2 俺を挟んで両隣の双子姉妹が勝手に推理してくる

探偵くんと鋭い山田さん2 俺を挟んで両隣の双子姉妹が勝手に推理してくる【電子特典付き】 (MF文庫J)

 

今、注目のシリーズ第2巻。

1巻からあまり間をおかずに2巻が出るのは嬉しいですし、コミカライズ化も進んでるようで、盛り上がっていくと良いな。

 

2巻もミステリーとしてとっかかりが上手くて読める読める。

依頼も様々で、話ごとに読み口も色々変わってくるので最後の話の終わりに感じる余韻も種類が豊富でじっくり楽しめます。

 

ミステリーだけでなく、戸村が探偵として活動することに悩んだり、雨音は戸村と雪音の関係を疑ったり、雪音は姉と比較したり、主要人物の掘り下げを進んでいて、不思議な三角関係もどこまで進んでいくのか気になります。

 

依頼者も依頼を通して戸村達の探偵活動に理解を示していくのも良いですし、今後も絡んできてほしいです。

特に先生は面白いです。笑

 

 

戸村が探偵活動をしていくことに希望が出たようなので、それがどう動いていくのか。

恋愛としては戸村と雪音は相性が良さそうでお似合いかもしれないが、戸村が夢中になりそうなのは雨音の方かな。難しいね。

 

 

山田姉妹と戸村に今日も奇妙な事件(相談事)が寄せられる。我が校の卒業生でもある副担任さぁや先生の依頼は、彼女が高校生のときに起きた「原稿消失事件」。文芸部の部誌に載るはずだった直前に消えた状況は、確かに不可解で…?あいかわらず平常運転で絡んでくる雨恵と雪音の山田姉妹につつかれながら、またも俺は矢面に立たされるのだった。だんだん雨恵と雪音の性格も把握してきたけど、2人の距離感は…やっぱ、近すぎるよね!?そして赤面しているよね!?可愛くて鋭い2人の山田さんと俺が解き明かす、ちょっと甘めの学園ミステリーラブコメ、第二幕!「よし!プールで推理しよう!」ええっ!?

ようこそ実力至上主義の教室へ 2年生編3

ようこそ実力至上主義の教室へ 2年生編3 (MF文庫J)

 

全学年入り乱れる無人島試験スタート。

まずは伏線を撒いていく感じで、様々なところにスポットを当てていたが、まだ足りないんじゃないかな。堀北とか伊吹の単独行動とか平田とか、キャラが増えすぎて難しくなってきましたね笑

1年、3年が不穏な動きを見せていて、裏で何を企んでるのか気になるが清隆にはお見通しなのかな。

普通に清隆が捻り潰すのか、素直に待っているとは思わないが。

恵の出番は少なめだったが、すっかり恋人が板について来たんじゃないかな。

挿絵は素晴らしかったです

 

高円寺は実力を見せ始めていて、どこまで進んでいくのか楽しみです。

池と篠原の問題はどうなるのか心配ですけど、清隆に策があるなら大丈夫でしょう。

 

 

単独行動をしていた清隆に同行するようになった七瀬の本心も明らかになり、ヒントは出されていたんだなと。ちぐはぐだった印象にも納得が行きました。清隆と良い関係を築いていきそうです。

七瀬が違うというなら、本命は誰なんだ。気になる。

櫛田は遂に後輩にまで舐められて、地に落ちていきそうだが退学するのか。堀北が止めそうだが。

一ノ瀬は本当に踏んだり蹴ったりな有り様で、扱いが酷いんじゃないか。星之宮先生も考えが変わってきてるようだし。

清隆のことの前にクラスの問題をどうにかしないとな。

 

次巻の展開が楽しみです。

ただ、次巻へ続くという形だけど果たして次巻で区切りをつけられるかな?正直500Pくらい無いと難しいと思うけど…

 

常夏の無人島を舞台に、全学年で得点を競い合うサバイバル試験がついに開始された。得点を得る方法は2つ。毎日一定時間ごとに指示される指定エリアを訪れることと、無人島内に設置された課題を条件通りにこなすこと。グループ人数が多いほど有利かつ、退学の可能性も減る試験内容。2週間という長丁場かつ、水や食料の補給も考える必要のある過酷な試験。さらに月城理事長代理は学年同士の小競り合いを試験中は容認するらしい。そんな中単独行動で状況を窺う綾小路だが、1年Dクラスの七瀬翼が同行を申し出る。メリットのない奇怪な行動だが七瀬の出方を知るため綾小路はそれを受諾。2人組での無人島走破が始まる!

ホワイトラビット

ホワイトラビット(新潮文庫)

 

伊坂幸太郎作品に最近ブームになっていて、最近本屋に行ったらよく並んでる今作を楽しみにしていました。

ノンシリーズなので前知識は必要がないので入りやすいかと。

 

読み終えた後は上質な変な小説。という不思議な感触でした。

時系列ずらしたり、意味がなさそうな言葉に意味を持たせたり、作中の合間に作者が強引に介入してきたり、やりたい放題な小説でした。

間違いなく今作でしか味わえないと思いました。

 

警察、籠城犯、泥棒が入り乱れてしっちゃかめっちゃかになるが、読み進めたくなる中毒性がありました。みんな善人ではないが、嫌いにはなれないくらいに彼らの心情に入り込めました。

人は罪を犯さない人はいない。

確かにその通りで、大なり小なり罪を犯している。ただ、少なくするのが大事。

 

作中で極悪だったやつの最期は悪の滅び方として最高でした。素晴らしい。

 

 

兎田孝則は焦っていた。新妻が誘拐され、今にも殺されそうで、だから銃を持った。母子は怯えていた。眼前に銃を突き付けられ、自由を奪われ、さらに家族には秘密があった。連鎖は止まらない。ある男は夜空のオリオン座の神秘を語り、警察は特殊部隊SITを突入させる。軽やかに、鮮やかに。「白兎事件」は加速する。誰も知らない結末に向けて。驚きとスリルに満ちた、伊坂マジックの最先端!

2020年 17本目 映画 どうにかなる日々

1時間のアニメーション映画で各話15分で4話構成で、どんどん進んでいきます。

女性同士、男性同士の同性が好きな人のモヤモヤした感情やふわふわして落ち着かない話があったり、幼馴染の男女が性と向き合っていき、互いのことを見ていくようになったり、センシティブなところを突いてました。

なのに各話の終わりがスッキリしているのが不思議です。

 

個人的にはもっと緩い感じのを想定していたので面食らったところがありますか、事前から知ってたら変わった感想になったのかな。

 

公式サイト

https://dounikanaruhibi.com

 

魔女と猟犬

魔女と猟犬 (ガガガ文庫)

 

カミツキレイニー先生の新作は魔女裁判が起こる世界で魔女が猟犬と共に世界を救うというもの。

表紙の迫力からして買わざるを得ない。

 

まず、世界観がしっかり練られていて読んでて違和感を感じずに作品に入れました。

人間のエゴなど醜い感情が渦巻いている世界だけど、そんな世界で希望を手繰り寄せようとするのが厄介者扱いの魔女のテレサリサというのが皮肉が効いている。

散々な扱いを受けたテレサリサの反撃が楽しみだ。

そして、暗殺者であるロロは仲間に託された想いを胸にテレサリサと行動を共にしていく。ロロの暗殺者としての姿勢が好きです。自分の意思で生きている感じに好感が持てます。

 

今巻はテレサリサとロロの背景や世界観の説明、混乱していくだろう世界の数歩前という状況になりましたということで、次巻以降の展開が非常に楽しみです。

 

しっかり主要キャラクターのバックボーンや世界の説明がなされてるから厚い、骨太な物語になっていきそうでワクワクします。

 

ダークファンタジーが好きな人に是非読んでほしい作品です!

 

 

魔術師たちを独占し超常の力をもって領土を拡大する王国アメリア。その脅威に曝された小国キャンパスフェローの領主バドは、前代未聞の奇策に出る。それは、大陸に散らばる凶悪な魔女たちを集めて対抗するというものだった―。機を同じくして、隣国レーヴェにて“鏡の魔女”が拘束されたとの報せが入る。バドは魔女の身柄を譲り受けるべく、従者を連れてレーヴェへと発つ。その中にロロはいた。通称“黒犬”と呼ばれる彼は、暗殺者として育てられた少年だった…。誰も見たことのない壮大で凶悪なダークファンタジーが幕を開ける。

ゴミ箱診療科のミステリー・カルテ

ゴミ箱診療科のミステリー・カルテ (星海社FICTIONS)

 

ステイホームの密室殺人にこちらの話がチラッと挟んであり、興味が湧いたので読みましたが正解でした。

医療ミステリーとして専門用語がありましたが、楽しめました。

働かないが能力はある上司三神さん、生意気な後輩宗方や愉快な仕事仲間達に囲まれながら働く柊が不思議な事件に巻き込まれていく。

備品のマスクがなくなったり、夜中に幽霊、電子カルテの改ざん、どの話も結末に至るまでに寄り道をしていて、そこが面白い。

また、結末もなるほどなと納得させられて満足度が高いです。

1番は登場人物達の関係や掛け合いもユーモア溢れていて、会話しているところに魅力がありました。

 

コロナの始まりの頃から描いていて、なんか意味があるのかなと思ってたが、忘れた頃に繋がってくる構成が素晴らしいです。

 

 

 

「謎は退院(エントラッセン)だ」 著者は現役医師、これぞ医療ミステリーの最前線! “ゴミ箱”と揶揄される総合内科の一室に引きこもる変人にして天才探偵医師・三神宗一郎が、新型コロナウイルスをはじめとする病と医局の闇を解き明かす!! Cover Model:浪川大輔 as 三神宗一郎