羽休みに娯楽を

ラノベが多めで、キャラ文芸、漫画、アニメ、映画など娯楽でおすすめしたいことを書いてます。良かったら見ていってください!

有限と微小のパン

有限と微小のパン THE PERFECT OUTSIDER S&Mシリーズ (講談社文庫)

 

約900Pの長編で読むのが疲れました。

ただ、読み応えある内容だったのが良かったです。

S&Mシリーズ最終巻。最初のすべてがFになる以来の真賀田四季という天才の登場で、分けがわからない事件へと発展していく。凡人には犀川先生と真賀田四季の会話についていけないよ…

2人は別次元に立っていて、天才は天才としか話が合わないのかなと。

それでも真賀田四季犀川先生の台詞は印象に残るものばかりでした。

ただ、凡人である自分には耳が痛いところでもありました笑

密室殺人、消えた死体、謎の研究施設、居場所不明の真賀田四季、全てが明らかになる種明かしには衝撃だった。まさかのといったところ。

これはフェアなのかと疑いたくなるが、伏線はあると言えばあるんだよな…

 

萌絵や友人達がワイワイしつつも、ミステリーとして上質な物語でした。

 

これで犀川先生と萌絵に物語が終わりは寂しいなぁ。

関係だって、これからだろうに。

 

「F」から始まり今ここに終結、そして拡散?
萌絵たちが訪れたテーマパークで次々と起こる不可解な事件の背後には。

日本最大のソフトメーカが経営するテーマパークを訪れた西之園萌絵と友人・牧野洋子、反町愛。パークでは過去に「シードラゴンの事件」と呼ばれる死体消失事件があったという。萌絵たちを待ち受ける新たな事件、そして謎。核心に存在する、偉大な知性の正体は……。S&Mシリーズの金字塔となる傑作長編。

陰の季節

陰の季節 D県警シリーズ

 

警察小説で、事件というよりも警察内のいざこざを描いていて、警察官の苦悩がより感じられました。

事件というよりも人事、密告、無断欠勤など地味なふうに思えるが、真相を辿っていくたびに謎が深まると共に真相にたどり着いた時に浮かび上がってくる苦い気持ちは濃厚で良かったです。

 

短編集ですが、各話濃厚な人の闇を見せつけられるので満足度が高いです。

読み終えると、ずしんとした重みが残りますが、それが良い。

 

D警察シリーズを追いかけていきたいなと思いました。

 

警察一家の要となる人事担当の二渡真治は、天下り先ポストに固執する大物OBの説得にあたる。にべもなく撥ねつけられた二渡が周囲を探るうち、ある未解決事件が浮かび上がってきた…。「まったく新しい警察小説の誕生!」と選考委員の激賞を浴びた第5回松本清張賞受賞作を表題作とするD県警シリーズ第1弾。

鴨乃橋ロンの禁断推理 6

鴨乃橋ロンの禁断推理 6 (ジャンプコミックス)

 

巻き込まれた事件の裏側にはM家がいる。

ロンを追い詰めようとする影があり、ロンは失っていた父の記憶を思い出していく。

正義と悪、境界に挟まれて葛藤するロンだが、側にトトがいるかぎり大丈夫。と思いたい。

 

ロンは探偵だから事件が起きないと動けないから歯痒い。

いつか、M家と衝突する時までに仲間を増やすなりしないと厳しそう。

 

消印が17年前の招待状の謎を解くため、高原のオーベルジュを訪れたロンとトト。オーベルジュには6人の客が招待されていた。客同士、面識がないと思われたが次々と殺され、ロンは客達が17年前の事件で繋がっていると推理するが…!? 訳あり探偵とピュアな迷刑事の異色コンビが事件に挑む、探偵活劇第6巻!!

星やどりの声 文庫

星やどりの声 (角川文庫)

 

良い家族小説でした。

読み終えて、心が前向きになれます。

父親を亡くした家族の人生の分岐点を視点を変えて描いていくことで、全員の心にあったシコリを見つけられて、かつ解消されていく過程が見れるので、なんと素晴らしいことか。心理描写に長けているからこそ、思春期の人や思春期を抜け出した人、多くの人に届く内容になっていたのかなと。

読み進めていくうちにこの家族の暖かさに解されていきます。

また、作中に仕掛けられた仕掛けは明かされるまで気づきませんでした笑

まさかでした。

 

家族一緒に居続けられなかった父の無念が微かにあるが、それ以上に妻や子供達に託した希望が印象的でした。

家の名前や形もなるほどなとなる作りをしていました。

 

東京ではない海の見える町で、喫茶店「星やどり」を営む早坂家。三男三女母ひとり。亡き父が残した名物のビーフシチューの香りに包まれた生活には、慎ましやかながらも確かな幸せがあった。しかし、常連客のおじいちゃんが店に姿を見せなくなった頃から、家族に少しずつ変化が。各々が葛藤を抱え息苦しくなる早坂家に、父が仕掛けた奇跡が降りそそぐとき、一家は家族を卒業する。著者が学生最後の夏に描いた、感動の物語。

ショーハショーテン! 2

ショーハショーテン! 2 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 

完全アウェーな空間で畦道と東片が繰り出したネタは起死回生のお笑いで場を波を起こしていくのが見事でした。

畦道の機転の効いたネタ作りと東片の演技力が光っていました。

しかし、結果は…

上手くいったお笑いだったが、上には上がいた。

先が読めない作品だが、畦道、東片ペアを推していきたい。

壁となった、シュプレヒコールだがその素顔は意外なもので、今後も絡んで来てほしい2人組です。

 

畦道、東片の悔しさ溢れる姿には胸を打たれました。

 

ライバルとなる、存在が続々と登場してきて、次なる大会でどう結果を出すのか楽しみです。

 

東片の過去も明かされて、彼の明るさの裏に潜むことも知れました。

 

波あり谷ありの作品ですが、畦道と東片の成長を見るのが楽しみになっています。

 

優勝できなければ芸人は即断念!の崖っぷちで挑む「高校生お笑いバトル」! なのに客席には畦道たちの知り合いは誰もいない超アウェーな空間! それでも諦めるなんて……、夢から逃げるなんて芸人じゃない! 起こせ! 優勝に登り詰めるための笑いの波を!! 全力で夢へと駆けてゆく「お笑い」青春ストーリー第2巻!!

天久鷹央の推理カルテII: ファントムの病棟

天久鷹央の推理カルテII: ファントムの病棟 (新潮文庫nex)

 

1話目は軽い雰囲気、2話目はちょっとシリアス、3話目は締めでもあるので深みがありました。

安定感のある物語でした。

医療、病院、病気を絡めた人間ドラマになっていて読み応えがあります。

医療のトリックを使うことで、一体何が起きているのか分からず、真相が気になって仕方がないです。

 

今回は鷹央が珍しく脆さを見せていて、人間らしさを感じられて良かったです。医療現場なら避けられない患者の死は辛いけど、それだけで終わらずに良かったです。

1巻では鷹央の傍若無人っぷりが目立っていましたが、今回のエピソードで鷹央への印象が変わりました。

 

その病気(ナゾ)、命にかかわるぞ? 炭酸飲料に毒が混入された、と訴えるトラック運転手。夜な夜な吸血鬼が現れる、と泣きつく看護師。病室に天使がいる、と語る少年。問題患者の巣窟たる統括診断部には、今日も今日とて不思議な症例が舞い込んでくる。だが、荒唐無稽な事件の裏側、その“真犯人”は思いもよらぬ病気で……。破天荒な天才女医・天久鷹央(あめくたかお)が“診断”で解決する新感覚メディカル・ミステリー第2弾。

恋せぬふたり

恋せぬふたり

 

ドラマを観ていて、内容は知っていたが文章でも高橋さんと咲子の関係に惹かれました。小説ならではの、2人の心境が覗けたのが良かったです。ドラマでもモノローグはありましたが、咲子視点だったので、高橋さん視点は珍しく感じました。

 

変更していた点としては咲子母がドラマとは違った印象になって、この形がベストなのかなと。父よりかは母かな。

ドラマではあんまりだったので、小説では救われる気持ちでした。

 

恋愛感情ない付き合いというのも悪くないと広がって欲しいものです。

世の中、少数派の人達が多数派の人達に苦しめられるのは辛いから、様々な生き方が認められる社会に変わっていってほしいです。

新たな形のコメディ作品で、素晴らしかったです。

 

この社会に生きる全ての人々がきっと笑顔になれる、唯一無二の“ラブでない”コメディ

「恋愛や性的な話を振られてもよくわからない。でも愛想笑いをしていれば大丈夫……」
咲子は、そんなもやもやとした気持ちを家族や友人、同僚に理解されないまま、恋愛や結婚を促され続け、居心地の悪さを感じていた。そんなある日、「アセクシュアル・アロマンティック」というセクシュアリティを自認する男性・高橋と出会い、驚くと同時にどこか救われた気持ちになる。
誰にも恋愛感情を抱かず、性的にも惹かれないふたりが、自分たちなりの生き方を模索すべく始めた共同生活は、家族、同僚、元彼、ご近所と周囲に波紋をひろげていく。その生活の先にある、それぞれの「幸せ」のあり方とは!?