羽休みに娯楽を

ラノベが多めで、キャラ文芸、漫画、アニメ、映画など娯楽でおすすめしたいことを書いてます。良かったら見ていってください!

おひとり道は険しき道 お前ら、おひとり様の俺のこと好き過ぎだろ。2

お前ら、おひとり様の俺のこと好きすぎだろ。2 (富士見ファンタジア文庫)


2巻はページ数は少ないながら姫宮の時折り話す鋭い指摘や新キャラの夢乃の葛藤を描いていて、読み応えがありました。

今回は周りのヒロイン達に振り回され、あまりおひとり様を満喫してなかったように思うが、心から不満がってるようには見えなかった。姫宮も変わり始めているということか。



また、ヒロイン達が姫宮を好いているというよりは変わり者に興味を持っている段階。

そんな中、1巻の始めの方に姫宮に告白して、玉砕された少女が再び登場する。


次巻からはラブコメモードに突入か?

それとも姫宮はおひとり様を貫けるか。


これからどうなるか楽しみです。