羽休みに娯楽を

ラノベが多めで、キャラ文芸、漫画、アニメ、映画など娯楽でおすすめしたいことを書いてます。良かったら見ていってください!

掟上今日子の遺言書 文庫版

掟上今日子の遺言書(文庫版) 忘却探偵(文庫版) (講談社文庫)


タイトルに遺言書が入ってるのと、表紙が暗くてアンニョイな感じがして、重い話なのかと思ったが、その通りにしないのが、作者らしいです。


シリーズ1巻に登場していた厄介が再び登場して、空から降ってきた女子中学生にあたり、怪我をすることから始まらなくても良いのでは笑

普通は悲壮な雰囲気が出ると思うが、厄介だとそうにならないのが良い。

今日子さんとの絡みはやはり厄介が落ち着く。


今回の話は犯人の動機を徹底的に追求されていたり、フィクションでも計画通りにはいかないというのが描かれていて、想像の角を擦るようになっていて、楽しく読めました。


今日子さんは自由で良いですね。