羽休みに娯楽を

ラノベが多めで、キャラ文芸、漫画、アニメ、映画など娯楽でおすすめしたいことを書いてます。良かったら見ていってください!

ブルーローズは眠らない

ブルーローズは眠らない

 

マリアと漣の喧嘩っぷりが楽しかったです。

青いバラ、ブルーローズに込められていた想いには心に響くものがありました。

(あらすじ)

両親の虐待に耐えかね逃亡した少年エリックは、遺伝子研究を行うテニエル博士の一家に保護される。彼は助手として暮らし始めるが、屋敷内に潜む「実験体七十二号」の不気味な影に怯えていた。一方、“ジェリーフィッシュ”事件後、閑職に回されたマリアと漣は、不可能と言われた青いバラを同時期に作出した、テニエル博士とクリーヴランド牧師を捜査してほしいという依頼を受ける。ところが両者との面談の後、旋錠された温室内で切断された首が発見される。扉には血文字が書かれ、バラの蔓が壁と窓を覆った堅固な密室状態の温室には、縛られた生存者が残されていた。各種年末ミステリベストにランクインした、『ジェリーフィッシュは凍らない』に続くシリーズ第二弾!

 

前作が衝撃的だった分、期待と心配がありましたが、見事に裏切ってくれました。

相変わらず犯人は分からず、最後の解決シーンで分かるという。。面白いから良いんだ!

犯人は救いようのない人だったから、自業自得と言える裁きが下ったのはスカッとしました。

今作は粛々と事件が進んでいき、静かに寄ってくる怖さがありました。

また、日記の使い方には驚きました。

相変わらず細部にまで凝られていて、種明かしの時は読むのが楽しいです。

 

青いバラが鍵を握っていて、一体どういうことだと思いましたが、青いバラに込められていた想いが明かされたときは悲しいような複雑な気持ちになり、読み終えてタイトルを見ると考えさえられます。

 

マリアと漣は目立たないところにいても事件に巻き込まれる運命なんですね笑

 2人の馴れ初めとか掘り下げてくれたらなーと思いますが、どうでしょう。

 

続きが楽しみです。