羽休みに娯楽を

ラノベが多めで、キャラ文芸、漫画、アニメ、映画など娯楽でおすすめしたいことを書いてます。良かったら見ていってください!

結婚が前提のラブコメ2

結婚が前提のラブコメ 2 (ガガガ文庫)


2巻から婚約所の説明が減り、ラブコメが始まってきました。

玉の輿を狙うカレンが主役。

1巻から貪欲に求めていたように見えたが、どうやら違うようにも見える。

そんな迷えるカレンを主人公の縁太郎は秘めている想いを見抜く努力をしているのが素敵過ぎる。これは惚れる… 

それに比べて縁太郎を敵視する黒峰の浅さよ。


カレンが迷いを払い、囚われていた気持ちから抜け出すことが出来て良かったです。

縁太郎がカレンに必要な言葉を投げるところは熱い。

次巻からカレンがどんどん動いていきそうで楽しみです。


結衣は縁太郎の助言や新しく出来た友人?笑のおかげで大分気持ちの変化が生まれてきて、これからという時にカレンが先に行ってしまうというのが不憫。

そして、まひるさんや牡丹のマズいところが見えてきていて、彼女達を縁太郎がどう導くのか気になります。


主人公が仲介というのが関係の変化にどう響いてくるのか楽しみです。


妹の蒼梨ちゃんの身勝手なところはイライラしました…


1巻のレビュー

https://wing31.hatenadiary.jp/entry/2020/01/22/203000


(あらすじ)

早乙女カレン。その恋、春雷のごとく。 
“結婚できない人を結婚させる仲人”、白城縁太郎は今日も婚活女子のサポートに奔走している。 
とあるイベント婚活で、結衣とカレンの気になる相手がバッティングしてしまう。 
ひとつ間違うと、恋の修羅場になりかねない。 
縁太郎は仲人として平等に接そうとするのだが――。 
「縁太郎、あなたは全力で結衣をサポートなさい。それでようやく、私と対等になるというものですわ」 
カレンの申し出は、明らかに自分に不利となるものだった。 
縁太郎は改めて思う。 
上流階級の世界に戻るべく、金持ちとの結婚にこだわるカレン。 
しかし裏腹に、彼女はいつも誰かを優先し、損な役回りを引き受けている。 
彼女にとって婚活とは――“本当に幸せな結婚”とは、なんなのだろう。 
ぜったい結婚したい系婚活ラブコメ、心が疼き出す第2幕。