羽休みに娯楽を

ラノベが多めで、キャラ文芸、漫画、アニメ、映画など娯楽でおすすめしたいことを書いてます。良かったら見ていってください!

ひげを剃る。そして、女子高生を拾う。4

ひげを剃る。そして女子高生を拾う。4 (角川スニーカー文庫)


久しぶりの続巻が読めて良かったです。

イラストレーターのぶーたさんの回復を待っていたのなら仕方ないですね。

前巻から間が空きましたが、読み始めたら一気に作品に入り込めたのでなんも問題はないです。

ページ数は多くはないが、ずしんとのしかかってくる重さがありました。



沙優の兄の来訪により沙優は実家に帰らなくてはならない。未成年という立場が重い。

吉田は沙優を少なからず想っているが、自分の心境に気づかない。

ただ、沙優の兄や親友の橋本の発破で沙優と向き合う気持ちが固まって良かったです。まさか橋本が重要な立ち位置に入るとは。


そして、なんといっても沙優の過去が明らかになり、家でも学校でも居場所がないなんて、そりゃ家出するよ。というか家出して正解だった。沙優が吐き出した気持ちを思うと胸が痛いが、それを吉田とあさみが受け止めてくれるから沙優は救われるよ。

また、沙優が三島や後藤さんに心を和らげてくれて、みんなに好かれる魅力があるんだよ。三島も落ち着いたし、後藤さんの過去は意外でした。



身体を売って心を擦り切れたときに吉田と出会えて良かったね。吉田も自棄になりそうなタイミングだったから奇跡だったんだなと。

吉田も沙優に惹かれて、大事な存在であることを自覚して、良かった。


さて、北海道の沙優の実家に行って、どうなるか。

次巻が非常に楽しみです。


沙優は幸せになれるのか。否か。




(あらすじ)

サラリーマンと女子高生。二人で過ごすタイムリミットは、すぐそこ。 

家出JK・沙優とサラリーマンの吉田、2人の同居生活は沙優の兄・一颯が訪ねてきたことで突然終わりを迎えることに。家に連れ戻されるまでに与えられた猶予は、たった1週間。 
吉田が自分にそうしてくれたように、自分自身としっかり向き合いたい。 
イムリミットを前にして、沙優はゆっくりと口を開いた。 
「聞いてほしい。私の……今までのこと」 
学校のこと、友達のこと、家族のこと。沙優が何故家出をして、こんな遠く離れた街までやってきたのか。そして吉田と暮らした日々で、彼女が得たものとは――。 
サラリーマンと女子高生の同居ラブコメディ、急展開の第4巻。