羽休みに娯楽を

ラノベが多めで、キャラ文芸、漫画、アニメ、映画など娯楽でおすすめしたいことを書いてます。良かったら見ていってください!

灰と幻想のグリムガル level.12 それはある島と竜を巡る伝説の始まり

灰と幻想のグリムガル level.12 それはある島と竜を巡る伝説の始まり (オーバーラップ文庫)


久しぶりに楽な気持ちで読める日常でした。

過酷な戦闘やランタとの別れや、メリィの死などがありましたが、なんとかやっている。

たまには心やすまる時間も大切ですね。

クザクがどんどんパーティーに馴染んできたように思います。

ハルヒロへの信頼や好意、そして前向きな考え方で成長を感じました。

セトラもハルヒロだけでなく、周りのユメ達とも打ち解けてきたように見えるし、丸くなってきました。


少し戦闘もあり、めでたしと終わるかと思いきや、ユメとの別れ。

ずっと悩んでいたんだな。

ユメは自分の感覚で生きているから、気持ちを周りに吐き出し辛かったのかな。

強くなりたいからという前向きの別れですけど、ジーンときます。

ランタの件も多少は影響してるんだろうか。


さて、これからどうなる。



(あらすじ)

オルタナに戻るべく、ハルヒロたちは山だらけの敵地を突き進んで海を目指す。冒険に次ぐ冒険の末、ようやく辿りついた海辺には一隻の船が乗り上げていた。様子を窺うハルヒロたちの前に、なんと付け髭をつけた少女が現れる!「あたしはモモヒナ!であーる!名を名乗れーっ!」謎の海賊(?)モモヒナとの出逢いに導かれ、大昔から竜が住まうというエメラルド諸島へと向かうハルヒロたち。到着した一行を待ち受けていたのは、その竜に襲われて大混乱に陥っている海賊の楽園だった―!?灰の中から生まれた冒険譚が、舞台を海に移し新たな物語を紡ぐ。