羽休みに娯楽を

ラノベが多めで、キャラ文芸、漫画、アニメ、映画など娯楽でおすすめしたいことを書いてます。良かったら見ていってください!

戦力外捜査官 姫デカ・海月千波

戦力外捜査官 姫デカ・海月千波 (河出文庫)

 

タイトル通り、戦略外捜査官になるまでのドジっぷりには目を当てられない。

だが、戦略外になってからが本番。

普通だったら何もしなくていいという意味だけど、海月は何してもいいと捉える。

最初は噛み合わないバディだったが、設楽が海月が真面目に事件と向き合っていることを認め、互いに信頼出来ると思い合ってからは怒涛の展開で面白かったです。

序盤から挟まれていた過去の事件と今起きている事件が繋がったときは見事な展開だと思いました。

また、犯人が叫んだ訴えが切なるもので、それに応える警察側の主張も立派なものでした。

読み応えのある作品になっていました。

被害者から容疑者へ人の心は変わってしまうときがあるが、負けずに現実と戦わないといけないんだな。辛いけど。

 

シリーズものということで追っていきたいと思います。

 

(あらすじ)

警視庁捜査一課に着任したドジッ娘メガネ美少女警部・海月千波は、周囲の期待を裏切る捜査能力の低さで、配属から2日で戦力外通告を受ける。お守役の設楽恭介刑事と独自に連続放火事件を追ううち、女子大学院生殺人、さらに7年前の幼女殺害事件に辿り着くが…。凸凹コンビは犯人の壮大な復讐計画を阻止できるのか!?