羽休みに娯楽を

ラノベが多めで、キャラ文芸、漫画、アニメ、映画など娯楽でおすすめしたいことを書いてます。良かったら見ていってください!

灰と幻想のグリムガル level.14++ もし君とまた会えたなら

灰と幻想のグリムガル level.14++ もし君とまた会えたなら (オーバーラップ文庫)

 

再び短編。

懐かしいマナトがいる時のモグゾーとランタの料理対決はさもあり何といった結末だが、息抜きには丁度いいんじゃないかな。

メリィがハルヒロ達と出会う前のどこに向かうかわからない時期は仲間を失った悲しみと出会う冒険者の下衆な部分に触れることで、より意固地になっていたんだな。

だけど、ハルヒロ達と出会った最初の頃はメリィ視点から見ると納得しました。

ハルヒロ視点から見るとメリィはトゲがあったなと思うがメリィからすればハルヒロ達の方が歪だったんだな。

メリィの過去や気持ちを知ることで、ハルヒロ達に心開いていくところは晴れやかな気持ちになりました。

 

そしてユメ。

ハルヒロ達と別れた後にどうなってたが心配だったが、ユメなりに自分の弱さを自覚していてどうにか生きるすべを学んでいて成長していました。

元気っ子だけど、頭の中ではモヤモヤしてたんだなと思うとパーティーから1度離れるというのは良い選択だったんじゃないかな。

 

ユメがグリムガルに戻ったら非常事態になっていて、これからどうなるのか気になります。

ユメのピンチに現れたあの男もかっこいいなおい。

 

 

 

パーティを離れ、修行のためモモヒナと共に行動していたユメは、絶体絶命の窮地を乗り越えオルタナへと帰ってきた。だが、どうも様子がおかしい。仲間との再会は叶うのか。オルタナに漂う暗雲の正体とは―。「強くなれるまで、よわよわのユメのまま、がんばるしかないからなあ」修行を終えたユメの決意と成長を描くエピソード『月下に吠ゆる私は狼』。そして、ランタが無謀にもモグゾーに料理勝負を挑む『正義と正義』、デッドスポットを倒して得た懸賞金の分け前を巡る後日談『お楽しみはこれからだ』など、TVアニメ用特典小説も併せた全4エピソードを収録!