羽休みに娯楽を

ラノベが多めで、キャラ文芸、漫画、アニメ、映画など娯楽でおすすめしたいことを書いてます。良かったら見ていってください!

灰と幻想のグリムガル level.15 強くて儚きニューゲーム

灰と幻想のグリムガル level.15 強くて儚きニューゲーム (オーバーラップ文庫)

 

終章突入ってことでメリィ以外のハルヒロ、シホル、クザク、セトラが記憶喪失は突然で驚いた。記憶喪失が起きたことで、どうなるのか心配です。

意味はあるんだろうが怖いですね。

メリィが記憶を失ってないのは1度死んだからかな。

 

グリムガルがゴブリンの反乱で大変なことになっていて、ハルヒロ達は巻き込まれる形でオルタナを救いにいくことに。

流れるがまま動いてたら、バルバラ先生と再会出来て良かった。

バルバラ先生がハルヒロを大事にしていたんだなとしみじみと思いました。

ただ、メリィとシホルは複雑だっただろうな笑

 

バルバラ先生との再会も束の間、バルバラ先生が…

ハルヒロのオールドキャットという渾名もバルバラ先生なりに気持ちを込めていたんだなと思うとショックでした。辛い。

だがハルヒロは自暴自棄にならずに教えを習い、敵討ちを果たせて良かった。

ハルヒロはピンチになると冴え渡るのかっこいい。

オルタナの壊滅危機を防いだが、まだまだ油断出来ない状況で、ハルヒロ達はどこに行くのか波乱の幕開けでした。

 

ハルヒロ達はランタとユメと再会出来るのか、早く合流してほしいな。

 

 

ほんとわかんないな、何もかも…。気がつくとハルヒロたちは暗闇の中にいた。みんな自分の名前くらいしか覚えていない。頼りになるのは、なぜか唯一記憶を失っていないメリイだけ。暗闇の中からどうにか抜け出すと、そこは壊滅した「オルタナ」だった―。とにかく情報が欲しい。命からがら街を離れたハルヒロたちは、体に染みついていたスキルや能力を駆使して、グリムガルの辺境を奔走する。そして、ようやく出会えた人間が、オルタナを奪還するべくやってきたアラバキア王国軍で―!?灰の中から生まれた冒険譚―ENDGAME編の幕が上がる!